Versantを使えば、いつでもどこでも、言語スキルや能力を様々な角度から測定できます。特許取得済みのAI技術を用いて、コミュニケーションのグローバルな基準設定にお役立ていただけます。

毎日24時間実施可能
– 予約不要

100を超える国々
で使用

1996年以降、
3億5,000万件の試験
の採点を実施

結果と詳細が
数分で分かる

なぜVersantが選ばれるのか

企業

事業成功に重要な言語スキルを評価

企業様においては、顧客満足度、従業員の生産性、および事業成果の向上に欠かせない、高いレベルの英語によるコミュニケーション力を維持するために、Versantをお使いいただいています。

教育機関

学生の実用英語スキルを証明することで就職のチャンスを拡大

世界中の教育機関様で、学生の英語リスニング能力と、実際の場面で明確かつ適切に英語でコミュニケーションを取る力を評価・向上するために、Versantをお使いいただいています。

世界の英語レベルについて

ピアソンの調査チームが、日本を含む世界9つの主要地域のVersantテスト受験者のスコアを分析しました。下記リンクよりレポートをダウンロードすることで、これらの地域のスピーキングとライティングスキルのレベルと、それらがどのように変化してきているかをご確認いただけます。

テストの種類

Versant Professional English Test

英語はビジネスの公用語であり、国際的な職場環境で成功を収めるには、十分なコミュニケーションスキルが鍵となります。

Versant Professional English Test は60分で「話す」「聞く」「読む」「書く」の各スキルを測定できる英語習熟度テストです。実際の職場でのシナリオを想定した出題を使って、従業員の英語力の把握や学習プログラムでの習熟度の測定など、世界中の企業や研修プロバイダーがVersantを利用しています。学習ニーズを浮き彫りにしたり、人材開発をサポートしたりする目的にも利用できます。

最先端のAI自動採点テクノロジーを使って、職場でのコミュニケーション運用能力に関する正確で実用的なデータを瞬時に提供します。

  • 試験時間 約60分
  • 測定スキル:スピーキング、ライティング、リスニング、リーディング
  • 10 種類の出題形式/ 58問
    • 空欄補助 (10), 文章再構成 (3), 読解 (6), E-mail記述 (2), ディクテーション (8), 応答選択 (8), 文章理解(6), 復唱 (10), 状況対応 (2), ストーリーリテリング (3)
  • スコアの種類:
    • Level 1テスト: Global Scale of English (10-58), CEFR <A1–B1+
    • Level 2テスト: Global Scale of English (51-90), CEFR B1+ –C2
  • 採点内容:
    • 総合スコアおよび4つのサブスコア(スピーキング、ライティング、リスニング、リーディングの各スキル)

Versant Speaking Test

Versant Speaking Testは20分で結果が出るスピーキングテストで、求職者や従業員を素早くスクリーニングすることができます。コンピュータやスマートフォンを使って受験者は設問に回答し、文章構文力、語彙力、流暢さ、発音、明瞭性など、さまざまな発話コミュニケーションの領域を測定することができます。何百人もの候補者をスクリーニングする場合や、いつでもどこでもスキルを客観的に測定する方法を求める場合に最適です。

20年以上にわたって3億5000万回以上のテストを採点してきたVersantは、AIを使って、人事、企業、政府がより効果的に従業員を採用、昇進、訓練、開発できるようにサポートします。

  • 試験時間 約20分
  • 測定スキル:スピーキング
  • 6種類の出題形式/ 63問:
    • 音読(8), 復唱 (16), 質問 (24), 文の構築 (10), ストーリーリテリング (3), 自由回答 (2)
  • スコアの種類:
    • Global Scale of English (10-90), CEFR <A1–B1+, Versant (20-80)
  • 採点内容:
    • 総合スコアおよび4つのサブスコア(流暢さ、発音、文章構文、語彙)

Versant Writing Test

オンラインチャットによるサポートが顧客サービスの重要な一部となっている現在、35分のVersant Writing Testで、従業員が顧客やチームと積極的に英語で対話するために必要なリーディングとライティングのスキルを持っているか確認しましょう。
オンラインまたはオフラインでコンピュータを使用し、受験者は職場で英語の文章を必要とする状況(メモを取ったり、要約したり、電子メールに返信したりするなど)に対応した設問に回答していきます。
テスト結果は数分で算出され、企業やコールセンターからは、受験者のライティング能力を公平に評価する高度な自動採点として信頼されています。

  • 試験時間 約35分
  • 測定スキル:ライティング
  • 5種類の出題形式/ 42問:
    • タイピング (1), 空欄補助 (20), ディクテーション (16), 文章再構成 (4), E-mail記述(1)
  • スコアの種類:
    • Global Scale of English (10-90), CEFR <A1–B1+, Versant (20-80)
  • 採点内容:
    • 総合スコアおよび5つのサブスコア(文法、語彙、文章構成、言葉遣いと文体、読解力)

Versant English Placement Test

50分のVersant English Placement Testを使えば、学習者を適切なコースに振り分け、一歩先を行くことができます。
この総合テストは、英語学習者の「話す」「聞く」「読む」「書く」の各スキルをコンピュータで自動的に評価するため特別に設計されたもので、現在の能力や改善点を含む詳細なスコアレポートを提供します。
GSE、CEFR、PTE、IELTS、TOEFLなどの尺度にスコアをマッピングしたり、ピアソンのコース教材からのアクティビティを活用したりなどすることで、新しいコースを開始する際の既存のプロセスにVersant English Placement Testの結果を簡単に組み込むことができます。
自動採点テクノロジーを用いて、世界中の大学や語学学校が学習者の英語コミュニケーション能力を評価するためにVersantを使用しています。

  • 試験時間 約50分
  • 測定スキル:スピーキング、ライティング、リスニング、リーディング
  • 9種類の出題形式/ 81問:
    • 音読 (2), 復唱 (16), 文の構築 (10), 会話 (12), タイピング (1), 空欄補助 (20), ディクテーション (16) 文章再構成 (3), 要約と意見 (1)
  • スコアの種類:
    • Global Scale of English (10-90), CEFR <A1–B1+, Versant (20-80)
  • 採点内容:
    • 総合スコアおよび4つのサブスコア(スピーキング、ライティング、リスニング、リーディングの各スキル)

受験の方法

受験者は、様々な方法で、いつでもどこでも試験を受けられます。そのためどのようなニーズに対しても、最大限柔軟な形で実施可能です。

スマホアプリ受験*

圏内かどうかに関わらず、どこでもモバイルアプリを使ってVersantのスピーキング試験を受験できます。

*Versant Speaking Test のみ

ウェブブラウザ受験

デスクトップパソコンまたはノートパソコンを用いてオンラインで受験できます。

ソフトウェアインストール受験

ソフトウェアベースの配信オプションを使用して、受験者をリモートでも会場での受験でも安全にテストします

遠隔モニタリング

採用において安全性と信頼性をさらに高めるために遠隔モニタリングオプションを用いると、リモートでの試験実施時でも、AIで受験者の本人確認と不審な行動の検知が可能です。

スコアレポート

短時間で自動採点

受験後、スコアレポートをわずか数分でご確認いただけます。受験者の総合スコアとスキル別スコアが出て、言語能力とスキル別の能力向上のヒントも詳細に記載されています。

スコア

スコアは、Global Scale of English(GSE)*やヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)などのグローバルで通用するスコア基準に準拠しています。

わかりやすさスコア

「わかりやすさ」とは、発言内容の理解のしやすさを測定したスコアで、Versant Speaking Testのスコアレポート独自の評価項目です。発音、流暢さ、表現の明確さ、および話す速度など、受験者の話し方の様々な側面から測定します。

* Global Scale of English (GSE)
GSEは、世界初の真にグローバルな英語力指標であり、活用することで教師や学習者は学習進捗をより的確に把握できます。
GSEについて詳しくは、こちらのページをご覧ください。

テスト管理システム

Versantを導入いただきました企業様・教育機関様には、テスト管理システムをお使いいただけます。

下記の機能を簡単にご利用いただけます。

  • 受験者に関してどのデータを収集するかを設定
  • 合格最低点を設定
  • ニーズをもとに受験者をグループ分け
  • 試験、結果、および証明書を配信
  • 個人および全体の試験結果データを分析

Versant導入事例

導入企業様

“VERSANTの良さはまず、受験後にスコア結果がすぐに出る「スピード」です。英語研修の前後で受験して、効果検証のサイクルを回していくためにも結果が素早く出ることは大切です。そして、スマホで受験できる「手軽さ」もあります。いつでも、どこでも受験できるので、英語のテストを受けるために会場を設定したり、忙しい社員にわざわざ受験しに来てもらったりする必要もありません。さらに「スコアの信頼性」も重要です。これまでの経験から、同じ人が何度受けてもスコアのぶれが小さく、一貫性があることもVERSANTを導入している大きな理由です。” — パーソルホールディングス株式会社様


FacebookTwitter