生徒が英語で自分の意見を言いたくなる3つの「コツ」

EFLの教室では、生徒が英語で本当のコミュニケーションを行う機会を与えてあげることが大切です。本当のコミュニケーションとは、教科書のダイアログをAさん役とBさん役に分かれて読み合わせたり、暗記したりではなく、自分が本当に聞きたいことを相手に尋ね、本当に言いたいことを相手に伝える、という意味です。思わず聞いてみたくなる、思わず言いたくなるという気持ちが生徒に芽生え、会話を楽しむ、という状況は、どうすれば作り出すことができるでしょうか。
私が最もおすすめしたい効果的な方法は、「生徒が英語で意見を述べ合うこと」です。なぜ意見交換がよいのでしょうか。意見交換は本物のコミュニケーションです。「ドリル」や「練習」とは違います。また、意見を述べるためには思考・判断力が必要で、生徒の知的レベルに合っています。それは言葉の深い習得にも繋がります。何よりも、生徒は自分の意見を伝え、他の人の意見を知ることが楽しいと言います。 でも、英語で意見を述べるなんて難しい、と思われますか?いいえ、大丈夫です!適切な教材と指導法があれば、初級の生徒でさえ英語での意見の交換を楽しめます。私は日本の学校で長年教えていますが、日本の若者は意見を持たないとか、人と違う意見を言いたがらない、など、否定的な意見を聞くことがあります。でもそんな事はありません。日本の生徒は意見交換を楽しみます。人の意見を知りたいと思い、意外かもしれませんが、人と異なる意見を言うことをためらいません。 ただし、生徒に自分の意見を言いたくさせるには、「コツ」が必要です。どのような「コツ」なのでしょうか?3つご紹介したいと思います。
  1. 面白くて身近なトピックを選ぶ。
  2. ユニークなスタンスで論点を示す
  3. 生徒が苦労なく話せる工夫をする。
具体的に見てみましょう。

その1. 面白くて身近なトピックを選ぶ。

まず、トピックの選定が重要です。生徒が興味を持つ話題でなければ、話したい気持ちが芽生えません。ファッション、友情、恋愛、就職、結婚、少子高齢化社会、地球温暖化、キャッシュレス時代、スマホ中毒、A.I、プラスチックごみ問題、などなど、身近な話題から社会問題まで、様々なトピックがあります。生徒がどのような話題に関心があるのか、どの話題なら話したくなるのか、知る必要があります。トピックをリストアップして選ばせるのも、良い方法です。教師の予想とは違うトピックが選ばれることも結構あり、教師の勘が当たらないことも。ただし、レベルにもよりますが、あまり軽い話題ばかりに偏らないように少しだけ介入することも必要です。私は中級以上の生徒であれば、「死刑制度」に関しては、「先生のおすすめトピック」として必ずリストに載せます。生徒の英語力にかかわらず人気があるトピックは、やはり「友情」「恋愛」「結婚」などですね。 しかし、興味のあるトピックを提示しただけで生徒が話したくなるわけではありません。さらなる「コツ」が必要です。

その2. ユニークなスタンスで論点を示す。

こうしてトピックを選んだら、次は論点(観点・主題)の設定です。ここで大切なことは、生徒が思わず何か言いたくなるようなユニークな論点を投げかけることです。分かりやすい例として、「英語学習の意義」というトピックをあげましょう。このトピックに対して、「英語学習はとても大切だ」. という論点を提示し、賛成か反対かを問うとどうでしょう。おそらくほとんどの生徒は「確かにそうだ。当たり前だよ」と思い、議論にもならないでしょう。感情も動きません。ところが、観点を「英語学習は必要ない」とするとどうでしょう。おそらく生徒の心の中では、「え?なぜ?」とか、「そんなのありえないでしょ」とか、「案外そうかもしれない」などのつぶやきが起き、何かを考え始め、何か言いたくなります。 もう一つ、「結婚」というトピックで考えましょう。「あなたは結婚についてどう思いますか」と問われたら、生徒は何と答えていいのか戸惑います。ここでも、生徒が思わず意見を言いたくなるような、ユニークでインパクトのある主題を設定する必要があります。例えば、「人は結婚する必要はない」にするとどうでしょうか。この観点に対して、賛成か、反対か、問いかけます。これは、すぐに反応を生みます。「そうだよ、結婚は個人の自由だよ」と思う人もいれば、「やっぱり私は、結婚は必要だと思う」とか「結婚する人が減ると、少子化が進むよね」と思う人もいますね。生徒は少し考えを巡らす事になり、自分の気持ちに気づいたり、意見を確認できたりします。そして何か言いたくなるようです。他の人の意見を聞いて、「それは違うよ!」と反論したくなることもあるでしょう。または、「なるほど、そういう考え方もあるのか」と、自分の気持や考えに変化が現れることもあります。 生徒に思わず何か言いたくさせる「コツ」はおわかりいただけたでしょうか。つまり、「アウトプットの意欲」を出させる、ということです。しかし実際にアウトプットをするには、英語力が要ります。語彙や表現を知らないと、自分の考えを伝えることができません。また、間違えたら恥ずかしい、などの不安感もアウトプットの妨げとなります。それらを克服する「コツ」は?

その3. 生徒が苦労なく話せる工夫をする。

生徒の多くは、自分の言いたいことを英語ですんなりと言い表すことには苦労します。「こう言いたいけど言えない!」とか、「これって英語でどう言えばいいの?」とか、「単語がわからない!」など、ストレスの塊となってしまいますね。そこで、教師が様々な意見のサンプルを用意し、それに対して、生徒がI agree. またはI disagree.というだけで意見を示せるようにするのも一つの案です。または、いくつかのサンプルから自分の意見に一番近いものを選ばせる事もできます。これなら、文を一から産出しなくて良いので、ハードルがぐっと下がります。生徒はサンプルの一部をつなぎ合わせたり、補ったりして自分の意見をまとめることもできます。(勘の良い方は、アウトプットの活動でありながら実は知らず知らずのうちにインプットをしていることにお気づきでしょう) できれば、先程述べたユニークなスタンスの論点を示す短い会話、モノローグ、記事文などをできるだけ簡単な英語を用いて作成するとよいでしょう。その教材自体が、意見を述べる際に利用できる表現や文章をたくさん含んでいるのが理想的です。テキストの中に英語のヘルプがあることで、生徒はあまりフラストレーションを感じずに意見が言えるのです。 このように「足場がけ」(scaffolding)をすると、とりあえず相手に自分の意見を伝えることができ、大きなストレスなく、コミュニケーションが成立します。相手の意見を知ることができ、楽しい活動となります。 また、生徒が不安やストレスを感じないように、いきなり教師やクラス全体に意見を伝えることは避け、まず各自がサンプル意見を見て選ぶ、などの個人作業をしたあとで、ペアワークをして伝え合い、必要があればそのあとグループで、などのように、無理のない進め方をします。「意見」なので、正しい答・間違った答えがないことも、安心して話せる要因の一つですね。

まとめ

興味のあるトピックで、インパクトのある論点であれば、生徒は思わず意見を言いたくなります。そこに、語学力を補い不安を取り除く工夫があれば、生徒は英語力にかかわらず、知的レベルに見合った、意味のあるコミュニケーションを楽しむことができます。同時に思考・判断力も養えますし、社会問題に目を向けさせることもできますね。ぜひ試してみてください。 ちなみに、私のクラスでいつも大盛り上がりになるトピックは、「デート代は、男が払うか女が払うか」「男女間に友情は成立するか」「美容整形はありか」「国際結婚はするべきか」などです。先学期は、「プラスチックごみ問題」にとても関心が集まりました。皆さんのクラスでは、どんな話題が人気となるでしょうか。

山中純子先生について

大学や専門学校で長年英語指導に携わってきたベテラン講師。Impact Issues共著者であり、多数のEFL関連書を著作。言語指導者や学習者を対象にプレゼンテーションやワークショップを数多く行っており、関心分野は批判的思考力の養成、討論能力、リーディング指導、多読の普及など。現在は愛知学院大学と中京大学で教鞭を取っている。

プレゼンテーションのクラスにおすすめのコースブック

FacebookTwitter

英語専攻ではない学生にとって英語を本物の(かつ魅力な)言語にするには

私たちのほぼ全員が経験したことがあるのではないでしょうか。そう、英語専攻ではない学生のための必須クラスです。英語を特に必要としない専攻の生徒たち。特に英語が好きなわけではない生徒たち。
私は今回そのような生徒のためのクラスを教科書のFind Someone Whoを使って始めました。生徒は立ち上がって歩き回りながら他の生徒に質問し、「Yes」と答えてくれる生徒を探します。ある生徒のお題は「Find someone who likes English(英語が好きな人を探そう)」でした。29人の生徒中、「Yes」と言ったのは1人だけ。28人は「No」と答えました! なるほど。つまり、生徒たちにとって英語が本物の言語であったことはこれまでに一度もない。アイデアを伝えるためのコミュニケーションツールであったこともない。いつも英語と言えばテスト、しかも苦手なテストだった。さあ、私はどうやって成功に導けばよいのでしょうか? 今回の場合はそんなに難しくありませんでした。生徒たちは初等教育および幼児教育を専攻していました。そこで、私は英語のわらべ歌をクラスで取り上げることにしました。クラスの最初の10分間は、生徒たちが小学校や幼稚園の教諭になったときに活用できる内容を学習しました。クラスの大部分は教科書(English Firsthand Success、私のお気に入りです)を使って行いましたが、ウォームアップで導入した歌、指遊び、大型絵本の読み聞かせが、生徒の英語に対する姿勢を変えました。
Using big books in class
“Karuta” – a famous Japanese game“Twister”Using big books in class
私は英語と生徒たちの興味や生活を結び付けながら指導していました。最初、私のクラスには英語を好きな生徒がたった一人しかいませんでした。その4ヶ月後、小学生に英語のゲームや歌を教える「サマーカレッジ」という休日イベントが大学で開催されたときには、私のクラスから9人の生徒が自主的に参加しました。昨年の2学期目には、クラスの半数以上の生徒が(自由時間を使って)本大学の幼児/児童林間学習センターでの英語クラスの指導にボランティアで参加していました。 私が生徒たちの興味と英語を結び付けただけで、生徒たちの英語に対する姿勢が完全に逆転しました。生徒たちは積極的にクラスに参加していました。そうすることで、生徒にとってクラスがさらに面白さを増していきました。私の指導する楽しみもぐっと増しました。 この方法が私のクラスの初等教育/幼児教育専攻の生徒に有効だとしたら、他の生徒ではどうでしょうか? 私は英語専攻ではない学生のためのウォームアップとタスクというウェブページを作成しました。今のところ、このサイトには、ただ英語を学習するだけでは英語に興味を持たないであろう生徒に対して使用できる、生徒と関連性のある約40個のウェブサイトへのリンクやその他のリソースが紹介されています。現時点で含まれている専攻は:
  • 一般英語
  • 経営
  • 初等教育/幼児教育
  • 食物および栄養
  • 日本文学/文化
  • 国際文化研究
  • 心理学
  • 体育
  • 物理科学
上記に加えて、その他の専攻の生徒を指導する教員のためにいくつかのアイデアを紹介しています。 どうぞお気軽にサイトをご覧いただき、生徒の指導にお役立てください。 その他の専攻/リンクのご提案がありましたら、ぜひお聞かせください(私の連絡先情報もサイトに記載されています)。 このサイトがあなたと生徒を結び付け、生徒と英語を結び付ける助けとなることを願っています。

Marc Helgesen先生について

Marc Helgesen氏はピアソンの人気のEnglish Firsthand シリーズを含む、180を超える記事、本、教科書の著者であり、仙台市にある宮城学院女子大学の教授でもあります。同氏は5大陸で学会にスピーカーとして招待された経験があります。同氏の研究分野にはELTにおけるポジティブ心理学、ELTにおける脳科学、多読などが含まれます。

関連リンク

FacebookTwitter