効果的な多読指導法:5つのコツ
(中学生・高校生・大学生編)

昨今、多読の効果や必要性が様々な書物や学会等で報告されて、多読を導入する学校が私立のみならず、公立でも徐々に増えてきているのは、日本の英語教育にとって喜ばしいことです。多読の効果はまず情意面に表れます。特に、英語嫌いが解消され英語に対する自信が出てきてモチベーションの向上が見られます。次に徐々に英語力が向上していきます。語学力に関しては読書スピード向上に始まり、リーデイング力、リスニング力、スピーキング力、語彙力、文法能力等が向上したという研究結果が発表されています。ところが中には多読を導入したものの余り本を読まない学習者がいる、とか、期待したほど学習者の英語力が上がらない、などと、多読に対して懐疑的な先生がいらっしゃるかもしれません。これまで様々な年齢層の学習者を学校で25年以上(個人指導は40年以上)多読指導をしてきた経験から、効果的な指導法の5つのコツを述べます。

[中学生・高校生・大学生の多読指導]

(1)多読図書の選択 (楽に読める本を50~100冊読破)

これは最も大切なことです。多読を持続させるには、学習者の読む気が起こるような図書を選択させる必要があります。読む気が起こる本とは、興味を引く内容であるのは勿論ですが、英語で読む場合は、楽に読める本でなければなりません。楽に読めるとは、辞書を使わず日本語訳をせずに読んで、内容の8~9割を理解できるレベルです。また、選択権があるのも魅力です。学習者の英語のレベルよりも易しくて面白そうな本を並べて、「この中から好きな本を選んでいいです。」というと、皆我先にと選び始めます。「読み終わった人は次の本と交換していいですよ。」と言えば、早く次の本を選びたいから皆真剣に読みます。多読開始から最初の2~3か月は、かなり易しい本 (YL = 0.3~0.6) を大量に(50~100冊)読ませて、日本語訳の癖を取り去ります。日本語訳をしながら読むと、読書スピードは上がらず、多読の大きな効果の一つであるリスニング力の伸びも期待できません。

(2)読書時間の確保 (Sustained Silent Reading:授業中に一斉多読)

次に大切なことは、学習者が読書に慣れてそれが習慣となるまでは、必ず授業中に10~15分間皆で一斉に読ませることです。授業の最初か最後の10~15分に読書時間を設け、その時間で読める程度の短い本(学習者のレベルに合わせて総語数が 100 ~1,500語)を読ませます。その時はストップウォッチが大活躍です。「10分間にどれだけ読めるか、はじめ!」 と声をかけて読ませれば、皆集中して読むため集中力が向上します。 朝の読書時間やホームルームの時間に、10~15分の読書時間が取れれば、毎日この読書訓練ができるので、効果が現れるのが早くなります。もし図書の数に余裕があれば、自宅でも毎日10~15分間読むために本を貸し出し、一人でも読めるように習慣つけをしていきましょう。

(3)レベルアップ方法(同じシリーズの同じレベルの本をまとめ読み)

多読初期に平易な本を集中して50~100冊 読み、日本語訳が出てこなくなり、読書スピードも速くなってきたら(wpm 100 ⇒ 150~200)徐々に本のレベルを上げて行きます。その場合、同じシリーズの本を5~10冊まとめて読み、レベルアップしていけば効果的です。 何故なら、同じ出版社の同じシリーズの本では見出し語(headword)が統一されているため、同じ語彙に遭遇する頻度が高くなり、読めば読むほど読みやすくなり、読書スピードも上がってきます。 結果的に習得語彙も増え、次のレベルへの移行がスムーズに行えます。また、中には同じ作家の本もかなり含まれているので、特徴的な話の展開に気付き、特定の作家にはまっていく学習者もいます。一番効率が悪いのは、様々なシリーズで難易度がバラバラの本を、あれこれ手当たり次第読んでいくことです。最初にどのシリーズが面白いかを捜すために様々な本を読んでみる場合もありますが、好みのシリーズが見つかったら、ある程度同じシリーズでレベルを上げながら読み進めていく方が効果的です。

(4)読書記録をつける(読書記録で自己の成長を確認)

多読を行う時には多読記録手帳を用いて必ず一冊読むごとに読書記録をつけて行きます。読めば読むほど冊数と語数が増えていく記録は、大きなモチベーションになります。1年間の読書状況を振り返ったり、以前に読んで難しいと感じた本を再度読んでみたりすれば、自分の英語力の伸びに気がつきます。そうなれば、授業の一環として読まされるのではなく自主的に読む様になってきます。単位を取るための義務的な苦痛の多読ではなく、楽しみながら学習者の英語力向上を目指す多読になります。

(5)指導者の多読(楽しみながらの教材研究)

多読指導者にとって一番大事なことは、指導者自らが多読を実践することです。学習者にどの本を勧めるか、どのようにレベルアップさせるか、躓いてる学習者にどのような助言をするか等々、指導者が多読図書に熟知していなければ指導が難しいでしょう。多読図書を読むのは他の授業での教材研究と同じことですが、違うのは、楽しみながら教材研究ができるということです。また、指導者自身の英語力が向上して他の英語の授業にも好影響を与えるという副産物もついてきます。


多読授業は周りから見れば、教師は授業中に何もせずに楽な指導法だと思われがちですが、従来の文法訳読(Grammar-translation) 方式の授業と比較すれば、数倍もの準備とエネルギーが必要なのです。如何に個人個人を伸ばしていくか、常に観察・研究をしていかなければなりません。また、教師主導ではなく学習者主導の授業なので、教師が教えるのでなくて、学習者自らが学んでいくものです。そのためには、学習者にやる気を起こさせなければなりません。そこに一番工夫が必要です。指導は大変ですが、それに見合うだけの成果は確実に上がります。 大量のインプットが自然なアウトプットに結びついていきます。学習者の英語運用能力を高めるために、我々指導者自身が思う存分楽しんで多読図書を読みましょう。

髙瀬敦子先生について

高校時代にAFS生としてアメリカ留学、日本の英語教育の欠陥に気付き、帰国後個人指導の授業に多読を導入。 テンプル大学院にて教育学博士号(TESOL)取得。著書「英語多読聴指導マニュアル」(大修館書店)。 梅花中学高校、大阪国際大学、関西大学、近畿大学、甲南大学等で多読指導を導入。 現在、関西学院大学非常勤講師、岩野英語塾にて小学生の多読指導、国際多読教育学会(ERF)理事、日本多読学会(JERA)理事

関連リンク

ピアソンリーダーズ
読書コンテスト2019
リーダーズ
カタログ
請求フォーム
ピアソンリーダーズ
ライブラリーセット2019

(10-15% OFF)
ピアソンリーダーズ
について
FacebookTwitter

映画コンテンツの多読がもたらす効力

Marvelの新刊本を、最近生徒たちは楽しそうに読んでいます。アメコミは日本のMangaとはちがった味わいがあります。映画好きな生徒も、さほどではない人にも、映画のコンテンツを授業に組み込むことは、大きな変化をうみます。高2の学生A.Sさんによると、「映画を観ていると、最初から楽しいとわかっていて読めるので幸せな気分」で英語多読ができるそうです。「さすがに読まないとまずい」と思って義務的に読む宿題とは異なり、ワクワク取り組めるようです。
みなさまは、映画を観るのはお好きですか。迫力、悲しみ、喜びが大きなスクリーンから俳優さんのトーンを通して伝わる映画は、世界的にみても人気の娯楽の一つです。映画は監督さんによっても、作風が異なります。そのコンテンツの本の英語多読を通しての、生徒の成長をふりかえりながら、楽しみ方、クラスでの有効な導入方法を考えていきます。すべてのジャンルの映画に詳しいわけでも、たくさん観ているわけでもない教師である自分でも、映画のコンテンツの本を授業に取り入れながら、映画を観ることと、その本を読むことの相乗効果を狙うために、生徒たちの楽しみたい気持ちを大切にしながら導入しています。

映画から英語を学ぶ

映画は観るだけで楽しいだけでなく、英語の4スキルズが一挙に学べるよい素材が映画です。俳優さんの演技とセリフで心の動きがわかり、シーンごとにお話しの流れを追っていけます。音響効果もすばらしく、作品のイメージをとらえるのには最適です。  字幕スーパーを追わずに母国語のようにオリジナルの音声で楽しめれば、一番自然な形で映画を観ていることになります。しかし、わからないことがある場合は、知りたい英語表現、理解できなかったジョーク、確認したい話の展開などを、鑑賞後に活字で読むことで、すっきりすることもあります。 「映画は一貫した気持ちで一つの作品を通しで観るが、英語多読では好きなペースで読める」(A.S)のです。

映画を英語の本で読み英語を学ぶ

映画を観る前に本を読む場合は、どういうプロセスをふむのでしょうか。想像力を駆使し、場面ごとにストーリーを想像していく作業にはパワーを使います。文字という二次元の世界から、自分なりに理解して立体の世界へとふくらませていきながら、ストーリーを理解していくからです。本の世界を自分の中で組み立てていくには、登場人物の相関関係をとらえて、ストーリーを場面ごとに的確にとらえていくことが要されます。読んだ作品を映画で観るときには、頭で思い描いていた場面がどのように絵が描かれるかは興味深いものです。 映画を鑑賞後に読む場合には、ある程度読みやすい単語になっているので、サラサラと読める場合もあります。気になった部分、お話の展開をもっと知りたい部分に注目しながら、英語の表現もひろっていくとよいでしょう。映画ファンの中には、「関連したものは、何でも見てみたい」という気持ちがある(A.S)そうです。

クラスで映画のコンテンツを楽しく読んでいく

英語を教える立場からは、映画の本は生徒にすすめやすく、活用の仕方を工夫することで、英語力を伸ばす助けになります。本を使う手順は以下の通りです:

  1. 映画で観たことがあるかをチェック。
  2. イラストや画像も文章と一緒によく見るように話す。
  3. 読む順序が適切かを考慮。

クラスでは、「すでに観た映画の本を読みたい」という生徒がいます。映画の本を読むときは、観たことがあるかないのかをまずチェックします。はじめて作品に触れる場合には、Pearson English ReadersのMarvelを例にとると、Who’s Who?のページを参照し、人物の相関関係をとらえておきます。関係がわかるとぐっと話を読みやすくなります。

映画からの画像の掲載がある場合には、画像の下のキャプションもよく読むように伝えます。画像を見ながら読むことで、映画の世界にも近づくことができ、よりその世界を描きやすくなります。

映画の製作年度により、背景知識が必要な場合もありますので、教える側は確認するとすすめやすくなります。これは時代背景のみならず、どの映画から読むとわかりやすいか、という順序を計画することにも関連してきます。Marvelのリーダーの場合に、「Avengers(レベル2)を最初に読んでキャラを覚えておくと、他のものも読みやすい。パーティーものでCaptain America, Hulk, Thorなどが集結しています。」(A.S)というように、読みやすさも考えながら選んでいきます。「続きがある場合に最初のものしかない読み物もある中、「PearsonEnglish ReadersのMarvel2作目、3作目も含まれる点がさらなる魅力」(A.S)です。

映画のコンテンツを知ることで広がる世界

英語多読を行う際に、楽しく読むには「興味があるトピック」または「関心が持てそうな内容」は読みやすいようです。英語に自信がない場合でも、映画の素材は子供から大人まで楽しめます。Pearson English Kids Readersのディズニー作品はフォニックスを理解できるようになった小学生たちが、絵を見ながら「自分でも読める」とレベル1のタイトルであるDumbo, Bambi, Snow Whiteなどを楽しみに借りていきます。Pocahontas(同レベル6)では、植民地時代のネイティブ・アメリカンについて学べます。単に映画やお話としてとらえるだけでなく、歴史など複合的にとらえていくと知識の幅が増えます。ネイティブ・アメリカンについての考察を提示するかどうかなど、読者の年代に応じて、どこまでヒントを出していくのかを調整していくと、より本が生きてきます。

何といっても会話文が多いのが、映画のコンテンツの本の特色の一つです。会話の中でどのように表現が使われるか、何度か繰り返し出てくると覚えることができます。映画では会話以外の部分は演技を画像を通して理解しますが、本では情景や人の動作などすべてが文章で示されます。描写の仕方にも慣れることができます。

英語多読へのアプローチ

ライブラリーの本を読むときには、豊富な分類の中から読んでいくようにすると長く興味を持ち続けられます。 毎月共通に生徒たちが読む課題本を設けていますが、その時に本の分類を様々な分野に分けて提示しています。映画に関するリーダーの中のカテゴリーの一例をあげます。

  1. ヒーロー
    Thor, Superman, Spiderman など。
  2. ディズニー
    Dumbo, Snow White, Toy Story, Bambi(レベル1)
  3. アドベンチャー 
  4. 著者
    Roald DahlのFantastic Mr. Fox (レベル4)Charlie and the Chocolate Factory(レベル5), George’s Marvellous Medicine(レベル5)
  5. 家族
    Heidi(Pearson English Graded Readers レベル2)、Cinderella Man( Pearson English Readers レベル4)
  6. 環境
  7. Pearson English Readers,Macmillan Readers, Oxford Bookworms, Cambridge English Readers, Scholastic Readersなどの同じタイトルの読み比べ。

その時のニーズに合わせて、プリンセスもの、日本文化など分け方を変えて提示すると、生徒と一緒に選びやすくなります。 「何度でも好きなだけ読めて」「毎日の決まりで一日15分ずつ読む」(A.S.)など自分のペースで映画の本を読むことは、英語に触れる時間を増やすことにもつながります。異なる文化の国の映画の本を読むことで、海外の価値観を知り、世界の人々と自由にやりとりできるような生徒を育てられるよう、映画を最大限活用していき楽しく授業をすすめられますように。

宮下いづみ先生について

Miyashita-sensei小学生から大学生までにグローバルな人材育成のため、「考える力」を伸ばす英語教育を実践して30年以上。Eunice English Tutorial主宰。​「ドラえもんはじめての英語辞典」「イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ」共に小学館など共著。日経新聞に「おもてなし会話術」連載中。武蔵野大学・実践女子大学・田園調布雙葉高等学校非常勤講師。

関連リンク

Marvel’s Reader Series
Marvel Readers キャンペーン
2018年の新しいピアソンリーダー
FacebookTwitter

多読だけに終わらない、グレイデッド・リーダーズの様々な使い道

「グレイデッド・リーダーズといえば多読」―と思う方が多いと思います。 確かに多読は、英語学習者の強い味方であるグレイデッド・リーダーズの主要な使い道の一つですが、実は他にも本当にたくさんの活用方法があるのです。

多読とは?

多読は、非英語圏で暮らす学習者が総合的な英語力を向上するためにはこれ以上のものはないと言っていいほど、素晴らしい学習法です。「多(く)読(む)」という名称からは意外に感じるかもしれませんが、多読とは単にリーディング力を伸ばす方法のみに留まりません。英文をたくさん読む生徒はリスニング力が大きく伸びることもあるなど、全技能において、ある程度の上達が起こることがわかっています。

多読をすると生徒の語彙に対する理解が進むことは確かですが、多読の強みは新しい語彙が得られることよりも、もともと知っている語彙が使われる文脈にたくさん触れられることにあります。このようにして同じ単語を様々な文脈で繰り返し目にすることで、その単語が実際にどのように文の中で使われるのかという「語感」を育むことができるのです。

文法についても同じことが言えます。難しい構文を学ぶよりも、多読ではどのように基本の文法が使われているか、また使われていないか、について知識を深めることができます。

グレイデッド・リーダーズの使い道

グレイデッド・リーダーズの使い道は色々です。もちろん、一番よくあるやり方は各自が単独で読むことです。他の生徒にとっては興味がないかもしれないけれど自分は読みたい、という本を選ぶことができます。こういう形での読書は、教師の監督が必要なく、また、通常の授業時間内で割ける時間よりもずっと時間がかかるため、普通は授業の外で行われます。

クラス用セット

「クラス用セット」といえば主に、クラスの全員が同じ物語を読めるように、同じ本を何冊も揃えていることを指します。生徒全員に同じ本を同時に読ませることには、それはそれで様々な利点があります。家に持ち帰って量を読ませることもできますし、授業中であれば予め準備しておいたアクティビティに沿って、文中に登場する文法事項や語彙の用例を解説する精読を行ったり、物語の文学的な面を紐解いたりもできます。ピアソンの新刊のMarvelリーダーなどに用意されているアクティビティを利用してもいいでしょう。さらに、読了後用アクティビティを生徒自身に選ばせ、クラス全体に向けて発表してもらうこともできます。

Pearson English Readersでの「EasyStarts」など、同じ難易度の本を揃えて「クラス用セット」を作るのも良いでしょう。この場合は、一人一人が違う本を選んで授業時間内に読み切る、という使い方ができます。

読書サークル

クラスを4〜6人の少人数グループに分けて、課題図書を与える、または自分たちで選ばせます。その中で「リーダー」「語彙マスター」「登場人物マスター」「設問作成担当」「報告担当」「イラストへのコメント担当」などの役割分担をし、各自単独で準備をします。次の授業では調べてきたことをグループで話し合います。続いて、各グループの報告担当者がクラス全体に向けて短いプレゼンを行います。

「メリーゴーランド」式プレゼンテーション

私の授業で大変盛り上がったことがあるのが、「メリーゴーランド」式で生徒に好きな本について短いプレゼンをしてもらうアクティビティです。まず、生徒を4〜5人のグループに分け、各グループで1名が自分の本の主なあらすじ、好きな登場人物、その本を読んで新たに学んだことは何かをグループ内で発表します。3分ほど経ったら各プレゼンターは一斉に1つ隣のグループにずれる形で移動し、同じスピーチを繰り返します。こうして、読んだ内容を基にしてスピーキングを練習する機会を増やすことができます。終わったらプレゼンターは元いたグループに戻り、2人目と交代してもいいでしょう。もしくはそのまま3つ目・4つ目のグループに移動してプレゼンを続けてもいいでしょう。ただし、全員が同じようにプレゼンをして回れるような時間配分は必要です。生徒たちに「面白かったか」「よく準備されていたか」「手元を見ずに話していたか」などの項目を記載した評価シートに記入させ、授業の終わりに提出させてもいいでしょう。生徒全員がスマホを持っているのであれば、教師側で決めておいた評価項目に沿って一人ひとりが他の生徒のプレゼンに点数をつけたりコメントを書いたりすることができるアプリ「peereval.mobi」が使えるかもしれません。

生徒の読書状況を把握する

読んだ本の冊数やページ数、単語数など、生徒の進捗を表にして記録することで、自分自身に挑戦を課す形でも、クラスメイトと競う形でも、より多くを達成するように促すことができます。壁に表を貼るといったシンプルな方法から、https://tinyurl.com/er-recordsheetからGoogleのスプレッドシートをダウンロードして、生徒が自分で記入できる、専用のオンラインの進捗追跡システムを作成する方法もあります。

究極のツールとも言えるのがMReaderです。読んだ本に関する簡単なクイズに答えることで、自分のページにその本の表紙を追加し、これまでに読んだ本のコレクションを作成できる無料リソースです。詳しくは上記ウェブサイトで直接ご覧いただけます。

多読についてもっと知りたい方へ

Extensive Reading Foundationのウェブサイトは、グレイデッド・リーダーや多読の実践方法に加え、様々なトピックについての情報満載のリーディング専門ポータルサイトです。

トーマス・ロブ氏について

JALTで2代目会長を務めた後、1990年まで事務局長を務め、様々な学会で活動。主にテクノロジーを利用した言語学習に関心を持っており、この記事に登場したMReaderとPeerevalを設計。2017年には「Milneイノベーション・アワード」を受賞。京都産業大学外国語学部教授職を退いた今は、国際多読教育学会での理事長職と、TEST-EJ(英語指導者向けのウェブ・ジャーナル)の編集者を兼任している。

関連リンク

Marvel’s Reader Series
Marvel Readers Campaign
Pearson Readers Catalog
FacebookTwitter