中学生・高校生を教えていらっしゃる
先生方向けセミナー

CAN-DOと4技能評価の
英語教育について考える

新学習指導要領が発表され、これまでの「知識」としての英語教育から、ヨーロッパ言語共通参照枠 (CEFR) の考え方を基準にした「CAN-DO」 ベースの英語教育への変換が唱えられています。 一方、大学入試改革では、これまでのセンター試験に加えて英語外部試験も本格的に取り入られていくようになり、4技能をどのように評価していくのかという点にもますます注目が集まっています。 本セミナーでは、「英語で出来ること」を目標に据えた英語教育を実践的に導入していくこと、それに伴う4技能を評価していくことに焦点を当て、アカデミックな分野、 実践的な分野で知見のある教育者・専門家をお招きし、様々な角 度から一緒に考えていきたいと存じます。ぜひ奮ってご参加ください。


対象 : 高等学校・中学校・英会話学校・塾などの英語教員・学校関係者・教育委員会関係者
費用・定員 : 無料 (120名)

参加には事前申し込みが必要です。

東京

2018年7月28日(土)

12:30開場 13:00開演

中央大学駿河台記念館 6 階 ( JR 御茶ノ水駅 聖橋口下車徒歩 3 分 )
〒 101-0062 東京都千代田区神田駿河台 3-11−5

大阪

2018年7月29日(日)

12:30開場 13:00開演

関西国際大学尼崎キャンパス5階 ( JR尼崎駅徒歩5分)
〒661-0976 兵庫県尼崎市潮江1-3-23

Facebook     Twitter

応募方法

東京イベントに参加希望の方は「東京」のタブを、大阪イベントに参加希望の方は「大阪」のタブをクリックしてください。


講演者と講演内容は こちら

ステップ1:

参加希望の講演をお選びください

会議室 610 会議室 620
12:30 ~ 開場
講演者 タイトル 参加希望を選択 講演者 タイトル 参加希望を選択
13:00 ~ 14:00 投野由紀夫
(東京外国語大学大学院教授)
新学習指導要領における CAN-DO と 4 技能評価の位置づけ
14:00 ~ 15:00 マイク・メイヤー
(ピアソン グローバル・スケール・オブ・イングリッシュ ディレク ター)
Global Scale of English: interpreting CEFR for teachers
休憩
15:10 ~ 16:10 ジョン・ウィルトシア
(宮城学院女子大学教授 /English Firsthand 著者)
How should I use a coursebook referenced to CAN-DO statements?
パトリツィア・ハヤシ & タイソン・ロード
(明海大学教授 / 同准教授)
Fast and Flexible Curriculum Design: A Workshop in Adapting the Global Scale of English (GSE) for Program Development
休憩
16:20 ~ 17:20 マット・サンダース
(立命館アジア太平洋大学特任講師)
How assessments can impact our teaching and curriculum
辰巳律子 & エマニュエル・マクブライド
(大阪市立西高等学校教諭)
CAN-DO リストと評価のギャップを埋めるデモレッスン

1つ以上の参加希望の講演を選択してください。

ステップ2:

お名前やメールアドレスなどを教えてください


データを送信中。。。少々お待ちください。


お名前を入力してください。

お名前を入力してください。
学校名を入力してください
有効なメールアドレスを入力してください。
電話番号を入力してください。







ピアソン・ジャパン株式会社はご提供いただいた個人情報を当社のプライバシーポリシーに従い、個人情報保護法等の関連法令を遵守し、適切に管理・利用させていただきます。 プライバシーポリシーはオフィシャルサイト www.pearson.co.jp/privacy-policy に掲載しております。


送信できない場合は、直接お電話もしくはeメールにて承りますので、マーケティング部(電話番号:03-5281-8558 eメールアドレス:pj.webmarketing@pearson.com)までお問い合わせください。


講演者と講演内容は こちら

ステップ1:

参加希望の講演をお選びください


データを送信中。。。少々お待ちください。

中講義室 502 小講義室 504
12:30 ~ 開場
講演者 タイトル 参加希望を選択 講演者 タイトル 参加希望を選択
13:00 ~ 14:00 投野由紀夫
(東京外国語大学大学院教授)
新学習指導要領における CAN-DO と 4 技能評価の位置づけ
14:00 ~ 15:00 マイク・メイヤー
(ピアソン グローバル・スケール・オブ・イングリッシュ ディレク ター)
Global Scale of English: interpreting CEFR for teachers
休憩
15:10 ~ 16:10 ジョン・ウィルトシア
(宮城学院女子大学教授 /English Firsthand 著者)
How should I use a coursebook referenced to CAN-DO statements?
マット・サンダース
(立命館アジア太平洋大学特任講師)
How assessments can impact our teaching and curriculum
休憩
16:20 ~ 17:20 マイク・メイヤー
(ピアソン グローバル・スケール・オブ・イングリッシュ ディレク ター)
Using the Global Scale of English to build a curriculum
辰巳律子 & エマニュエル・マクブライド
(大阪市立西高等学校教諭)
CAN-DO リストと評価のギャップを埋めるデモレッスン

1つ以上の参加希望の講演を選択してください。

ステップ2:

お名前やメールアドレスなどを教えてください


お名前を入力してください。

お名前を入力してください。
学校名を入力してください
有効なメールアドレスを入力してください。
電話番号を入力してください。







ピアソン・ジャパン株式会社はご提供いただいた個人情報を当社のプライバシーポリシーに従い、個人情報保護法等の関連法令を遵守し、適切に管理・利用させていただきます。 プライバシーポリシーはオフィシャルサイト www.pearson.co.jp/privacy-policy に掲載しております。


送信できない場合は、直接お電話もしくはeメールにて承りますので、マーケティング部(電話番号:03-5281-8558 eメールアドレス:pj.webmarketing@pearson.com)までお問い合わせください。