Take the guesswork
out of language progress

Want to learn more?

“今どれくらいの英語力なのか”
を知る方法について、詳しく
知りたい方はお問い合わせください

お問い合わせ

How are you tracking
your students’ language progress?

2020年からの順次導入が目前の新学習指導要領では、主体的・対話的で深い学びの育成、またそれを支える学校単位でのカリキュラム・マネジメント(PCDAの確立)が注目されています。英語教科においてこれらを実現させていこうとした時、「できること」を基準とした学校や学年単位での「学習目標」と「学習進捗アセスメント」の設定と共有が必要となります。

それと同時に、学校ごとに以下のようなニーズもあることでしょう。

授業時間に力を入れたい

学習の進捗をわかりやすく示したい

英語を学習する利点を示したい

ピアソンの調査によると、英語教師の90%が「生徒の現在の英語力今後の課題について、よりよく把握できる方法を知りたい」と回答しています。

先生方のこのようなニーズに応えられるよう、ピアソンではコース教材とアセスメントを同一の習熟度指標でご用意し、英語学習成果の見える化をお手伝いしています。

The Pearson English Learning Journey

ピアソンのコース教材とアセスメントは、Global Scale of English (GSE)という単一のスケールの基に作られ ています。GSEはヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)やCommon Scale of English (英検のスケール)に準拠 しており、学習者の言語習得を見える化しながらあらゆるレベルのコース教材とアセスメントを繋いでいます。

↓ 以下のイメージをクリックすると、さらに詳しい情報が表示されます ↓

ピアソンが提供しているさまざまなコース教材とアセスメントについて、それぞれの目的や、ニーズに合わせた効率のよい利用の仕方など、詳しい説明はこちらからご覧ください。

Case Studies

ピアソンのコース教材とアセスメントは、多くの学校や先生方に採用されています。生徒の学習の進捗をよりよく把握することができ、それによってさらなる成果を上げることに繋がっているとの声をいただいています。利用者の声をご紹介しましょう。

テストが我々のカリキュラムにもたらした効果とは

(立命館アジア太平洋大学)

Case Studyを読む

Case study for English 4 skills CBT

(学校法人興南学園 興南中学校・高等学校)

Case Studyを読む

コースブック・CAN-DOリスト・ポジティブピアプレッシャーでプレゼンテーション能力の向上を図る

(大阪 / 公立高校)

Case Studyを読む

Need help or more information?

Thank you very much!

以下のフォームをご入力の上、資料請求とお問い合わせください。

*【必須】

お名前:*
名字を入力してください
教育機関名*
学校・団体名を入力してください。
メールアドレス:*
正しいメールアドレスを入力してください
都道府県
次の資料を請求します(複数選択可)
詳細を入力してください
詳細を入力してください
詳細を入力してください
お問い合わせ内容*
コメントを入力してください

不正なコードが発見されました。
あなたのIPが221.242.84.250ログされました。


ピアソンでは、英語学習成果の見える化について学び議論するための見識を専門家が共有しています。

その他のイベントやウェビナーのご案内はこちら

FacebookTwitter