Support for ELT teachers
moving courses online

Learn how to get the most out of online education during COVID-19

昨今の新型コロナウイルス感染症の拡大は、日々の生活や仕事、そして悲しいことに健康面において、ほぼ全ての人に何らかの形で影響を及ぼしています。感染拡大を防ぐため、多くの学校や教育機関ではオンラインでのクラス提供を視野に入れ始めています。ご自身、そして学習者の皆さんにとってよりよい学びを提供していこうとされている先生方を、ピアソンはサポートしてまいります。

Online teaching tips

オンラインで教えなくてはならないが、どうアプローチしていいかわからないと感じている先生方向けに、いくつか役立つコンテンツをご用意しました。先生方や学習者の皆さんがオンライン環境に適応しやすくなるためのコツをご紹介しています。

Six top tips for teaching English online

授業の一部、または全てでオンラインを導入する学校がどんどん増えています。この記事では、英語をオンラインで教えるためのコツが6つ紹介されています。(英語のみ)


記事を読む

Distance teaching and learning: useful tips for making it work

7つのショートビデオからなるこのシリーズでは、オンライン学習のエキスパート、ケン・ビーティ―博士がすぐに実践できるアドバイスをお伝えします。


動画を見る

How to deliver an engaging online lesson to teenage students

このウェビナーでは、マイケル・ブランドが授業のプランニング、事前準備とフォローアップ、オンラインクラスに使えるツールやプラットフォーム、ビデオの活用方法、スムーズなコミュニケーションのコツなど、オンライン授業で役立つ例をご紹介します。


動画を見る

Digital access to your course content

PDFs of your Student Book (First few units)

現在の状況から様々なご苦労をされている先生方をサポートするため、テキストの最初の数ユニットをPDF版でご用意しました。ご採用されている教材のオンライン授業を行う際にご利用ください。

Coursebook PDF Request

PDFをリクエストする

Tips for English Firsthand and Impact Issues users

English Firsthand

オンライン授業への移行が進むなかで、複雑な心境の先生もいらっしゃるかもしれません。オンラインの授業は教室での授業よりもシンプルにせざるをえず、内容が淡白になりすぎて生徒が急速にやる気を失ってしまうのではないか、と。やる気を引き出す授業を作り上げるためには、どんな環境であっても何かしらの障害が発生するものですが、具体的な手順を踏むことで、生徒を惹きつけるコミュニカティブなオンライン授業にしていくことも可能です。

記事を読む
 

English Firsthandの著者Marc Helgesenが生徒が自宅でできるワークシート“Talk to yourself”を作りました。
以下のリンクからダウンロードいただけますので、是非ご利用ください。


ダウンロードはこちら (圧縮ファイル/PDF, 3.5MB)

Impact Issues

この記事を読む先生のなかには、オンラインでの授業に苦労されている方もいらっしゃることでしょう。さっとクラスを準備しなければならない時や緊急時には特に困ることでしょう。そこで、オンラインで言語クラスを教えるに当たり、失敗しないための準備のコツを5点、具体的に解説していきます。

記事を読む
 

60-days free eReaders

英語学習に欠かせないリーディングの練習をサポートするため、eReadersのミニライブラリーをご用意しました。音声ファイルやリソースにもアクセスでき、オンラインで教える際にも、学習者が自宅で勉強するためにも役立つ教材です。ぜひ、60日間無料トライアルに登録してご活用ください。

お問い合わせ

上記以外で、御採用されているテキストについてご相談事項がございましたら、

  1. 貴校名
  2. お名前
  3. 対象教材
  4. ご相談内容

の詳細を明記の上、担当営業またはelt.jp@pearson.comまでお問い合わせください。

当該ウイルス感染症の対応の影響により、弊社からは迅速な返信ができない場合がございます。何卒ご了承くださいますようよろしくお願いいたします。

FacebookTwitter