ウェビナー: How to overcome red flags in your communication strategy

Webinar: Developing great communication skills is a key to professional success. 優れたコミュニケーションスキルを身につけることは、仕事で成功するための鍵であり、シニアリーダーにとって、コミュニケーションスキルは常に重要な要素です。しかし、最近では、意欲的なリーダーにとっても同様に重要になってきています。

今日のプロフェッショナルは、キャリアの早い段階で、より広い範囲の聴衆に対して、洗練された「エグゼクティブ」のコミュニケーションスキルを発揮することが求められています。分散したチーム、バーチャルな従業員、フラット化したヒエラルキーの中で仕事を進めるには、優れた戦略的コミュニケーション能力が必要です。しかし、これらのスキルは、上級管理職になってから教えられることはほとんどありません。

このウェブキャストでは、次のようなことを考えます。
  • なぜタレントリーダーは、ソフトスキルの本質である「コミュニケーション」に焦点を当てる必要があるのか?
  • 職場でのコミュニケーション戦略において、修正すべきギャップは何か?
  • より良い、明確なコミュニケーション戦略につながる言語スキルを構築するには?
  • 魅力的なコミュニケーション戦略とコミュニケーションの文化をデザインするには?
日時 :9月23日(木) 4pm – 5pm (日本時間)
登壇者:
  • Jacely Voon (Chief of People Officer, People, Culture & CSR, FUJIFILM Business Innovation Singapore)
  • Joe Lam (Managing Director, Pearson Education Asia)
事前登録はこちら

FacebookTwitter

新ウェブサイトへの移管のお知らせ<9月下旬より>


このたび、ピアソン・ジャパンの情報を発信するホームページを9月下旬より一新する運びとなり、新しいホームページアドレスへと移管することとなりました。

すっきりとしたデザインとナビゲーションで、必要な情報をより早く見つけられるようなユーザー体験を提供する予定です。

主な変更点

  • URLが新しくなります(追ってご案内いたします)
  • 新しいデザインとユーザー体験
  • 採用見本請求のフロー
  • Teacher’s Clubで公開していたTeacher’s Resourcesの保管場所

FAQs

Q: 採用見本請求のフローはどのように変わりますか?

A: これまではTeacher’s Clubのアカウント登録が必要でしたが、今後はアカウント登録不要になります。新ウェブサイト上の専用請求フォームに必要事項を記入してご請求ください。ログインも不要です。



Q: Teacher’s Clubにログイン後アクセスできていたTeacher’s Resourcesには今後どこでアクセスできますか?

A: 以下のタイトルのTeacher’s ResourcesはPearson English Portal(PEP)で提供させていただきます。ご希望の方はelt.jp@pearson.comまでお問い合わせください。

  • Boost! series
  • Dining Out
  • English Firsthand (4th Edition)
  • English Language Booster
  • Health Talk
  • Nursing Communication
  • Phonics for Kids
  • Supertots
  • Updated TOEIC® Listening and Reading on Longman Preparation Series

Q: ウェブサイト移管後、既存のブックマークやリンクは変更する必要がありますか?

A: はい。お手数をおかけして申し訳ございませんが、新ウェブサイト開設後は、新しいURLに更新していただきたく存じます。



新ウェブサイトの公開日やURLなどの詳しい情報は、またこちらでご案内いたしますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

FacebookTwitter

Assessment Summer Camp for Teachersのお知らせ


英語アセスメントに焦点を当てたウェビナーシリーズAssessment Summer Camp for Teachersにぜひご参加ください。新しい視点、実用的なアイデア、具体的なスキルを身につけることができるようにデザインされています。

このイベントでは、評価の心理学や、テスト技術の開発において教師が果たす重要な役割についての議論など、豊富なプログラムが用意されています。また、夏休み中の英語力低下を解消する方法や、究極の教育・評価プログラムを計画して次の学期を正しくスタートさせる方法などのハウツーセッションも含まれています。

ご興味のあるセッションを選んでご登録ください。 ライブセッションに参加することも、お好きな時間に録画を見ることも可能になります。

期間:2021年7月20日〜8月24日

詳しくはこちら

FacebookTwitter

夏季休業のお知らせ



弊社では誠に勝手ながら、下記の日程を休業とさせていただきます。
また、本年は、東京オリンピック・パラリンピック開催による祝日の変更がございますが、
弊社はカレンダー通り(暦通り)のお休みになります。

7月22日(木)、23日(金) :祝日による休業
8月9日(月)~8月13日(金):祝日及び夏季休業

ご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承の程宜しくお願い申し上げます。

FacebookTwitter

ゴールデンウィークのお知らせ



いつも大変お世話になっております。
ゴールデンウィークについて、弊社はカレンダー通り(暦通り)のお休みになります。

・4月30日(金)、5月6日(木)、5月7日(金)通常営業
・4月29日(木)、5月3日(月)~5月5日(水)休業日

ご了承の程宜しくお願い申し上げます。

遠隔授業のコツやリソースをお探しの方はこちらをご確認ください。

FacebookTwitter

オフィス移転に関するご案内

平素より格別のご愛顧にあずかり、ありがとうございます。

この度弊社は2021年4月1日より下記の住所へ本社を移転することになりました。

詳細につきましては、添付のご案内をご参照いただけますと幸いです。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。



詳細はこちら



新住所:
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-2-1 KANDA SQUARE 11階

電話 :下記の電話番号は2021年3月31日より通話可能です。

   • 03-4540-0380 (代表)
   • 03-4540-0381 (Versant カスタマーサポート)
   • 03-4477-4892 (テクニカル・サポート) *従来通りで変更ございません。


FacebookTwitter

Longman Academic Writing Seriesをご利用の皆様



この度、Longman Academic Writing Seriesのリフレッシュ版が登場しました。

オンラインアクティビティが増え、学習者のスキルアップを更にサポート、また、遠隔授業も行いやすくなりました。

旧バージョン:Student Book with Essential Online Resources
新バージョン:Student Book with MyEnglishLab & app

本の内容は変わりません。

新バージョンについて詳しくはこちら

FacebookTwitter

Christina CavageによるCritical Thinkingのウェビナーへ是非ご参加ください

Critical Thinking ウェビナー・シリーズ

Christina CavageによるCritical Thinkingのウェビナーへ是非ご参加ください。

こちらのウェビナーでは、Christina Cavageが以下の内容を話します。
  • Critical Thinkingをどのように教えればよいか
  • Critical Thinkingをどのように測定すればよいか
  • アカデミックスキルを向上するために、Critical Thinkingをどのように活用すればよいか

* ウェビナーは全て録音され、後日こちらのページよりアクセス可能になります。

ウェビナーの一覧

2021年1月20日(水) 午後11時〜午前0時
(UTC 午後2時〜3時)
Build success beyond the classroom:
An introduction to critical thinking
詳細
2021年2月3日(水) 午後11時〜午前0時
(UTC 午後2時〜3時)
Build success beyond the classroom:
How to teach critical thinking
詳細
2021年2月17日(水) 午後11時〜午前0時
(UTC 午後2時〜3時)
EAP and critical thinking:
Assessment
詳細
2021年3月3日(水) 午後11時〜午前0時
(UTC 午後2時〜3時)
EAP and critical thinking:
Build readiness for academic rigor
詳細

About the speaker: Christina Cavage

Christina Cavage is the Curriculum and Assessment Manager at UCF Global, at the University of Central Florida in Orlando, US. She has previously held the roles of dean, ESL director, coordinator and professor. She received her Master’s in TESOL from West Virginia University, and completed a one-year fellowship at Princeton University, where she researched blended learning and English language learners. She has trained numerous teachers all over the world in using digital technologies to enhance and extend learning. She has authored over a dozen ELT textbooks, including University Success. Christina has presented at conferences including TESOL, National Education Computing Conference, and the League for Innovation.

FacebookTwitter

年末年始休業のお知らせ



【休業期間】 2020年12月29日(火) ~ 2021年1月3日(日)

期間中はご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

FacebookTwitter

ウェビナーのご案内:How to teach with Impact Issues





ピアソン・ジャパンでは、Impact Issuesの著者の一人、山中純子先生によるウェビナーを実施いたします。詳細は以下をご覧ください。

How to teach with Impact Issues


日時:12月13日(日) 午後2:30 〜 3:50 (80分)
講師: 山中純子先生
費用: 無料


ウェビナー概要


Impact Issues is a flexible textbook. It can be used for speaking, reading, listening, writing or discussion classes. It is also student-friendly and teacher-friendly. Most importantly, students are able to enjoy real communication as they get engaged in the activities to go with each hot topic in the textbook.

I have co-authored this series and have enjoyed using it in class for many years. Recently I have been using the 3rd edition, which is empowered and with more online support. Actually, this support helped me greatly when I had to teach solely online last semester!

Basically, it is rather easy to teach with this textbook, because the topics themselves are interesting, and the exercises can be smoothly followed. However, with some hints, you can make your class even more interesting, enjoyable and effective. I hope to share with you some strategies and procedures I have used in my classes so that it will be useful for both current users and teachers who are interested in using it in the future. I hope to also include how I managed the online (on- demand) class quite successfully using the resources that are provided for students and teachers.




FacebookTwitter