Build active engagement with Contemporary Topics Online Classes

Content-based instruction (CBI) is a great way to increase student engagement and motivation as it allows acquiring language while learning content. In this article, Michael Rost, series editor of Contemporary Topics, explains how to utilize CBI and how to build active engagement with Contemporary Topics Online Classes

Content-based instruction is a great way to increase student engagement and motivation. Basically, content-based instruction, or “CBI”, means acquiring language while learning content – or through learning content.

CBI doesn’t necessarily involve using a curriculum with academic lectures — history, physics, economics, philosophy and so on. In CBI, the course content can be practical “how-to” demonstrations or current event documentaries or inspirational talks or pop culture events like films and music. The choices are virtually endless. What is important is that the content is substantial – it is appropriate, relevant and worth learning for your students.

The Contemporary Topics series has grown in parallel with the developments in content-based instruction and also through my own research on how students acquire language. Over the years I have grown to believe that CBI can accelerate language learning in a variety of contexts, and not just in academic programs.

The key reason that content-based instruction is so effective is that you are working with affective, cognitive, and social engagement at the same time.

Of course, it’s not automatic. Just using content as a basis for your course won’t guarantee success. In order for CBI to be successful, the instructor has to be flexible, and willing to create three conditions for success:

  1. The content is inherently interesting and relevant to your students — or as the instructor, you must find ways to make it more interesting and relevant, through the framing of activities, grading of material, and supplementation with other media.
  2. Activities are primarily idea-focused (rather than language-focused) and involve discussion to develop solicitation of others’ views, critical thinking, and agreement or disagreement. If the course material that the class is using is not sufficient in these ways, again you as the instructor need to expand and adapt activities in order to develop more topic-oriented discussion.
  3. Peer interaction is the primary means through which learning takes place. This interaction involves predicting, brainstorming, pair sharing, small group discussion of opinions, peer review of content, and original student presentations on meaningful topics, along with a format for feedback from classmates.

It may be impossible to achieve all of these conditions fully, but it is important to have these instructional goals in mind and to work toward establishing them in every class.

Because many English classes are now being taught online, instructors may feel limited, unable to achieve the learning conditions that they could achieve in live face-to-face classes. While it is true that face-to-face instruction is superior to some aspects of language learning, we can still achieve the same levels of successful learning in our online classes.

Most online class platforms, such as Google Meet or Zoom, operate in a similar fashion: The instructor enrols participants and controls “the room”, enabling what students see on their (computer/tablet/phone) screen. The instructor also sets up formats for students to participate either in whole group settings or in break out rooms. It seems foreign at first, but once you learn the mechanics of the online meeting (and realize that there’s always more to learn!), you should be able to start teaching in much the same way you would conduct a face to face class. The essential advice for making this transition is not to worry about the limitations or differences, but simply to do your best with the realities of the situation you have!


Working with these principles, here are some practical suggestions for organizing and accelerating learning in online-only classes with Contemporary Topics.

  1. Flip the classroom to allow for maximum interaction during live sessions.

    Essentially, this means to have the students do as much listening and reading and practising on their own before class, so that you can use class time for coaching and interaction and student presentations and feedback.

    One rule of thumb for flipping your class is to ask: Can this activity be done alone? (If so, be sure it’s an individual assignment, not done during your online class meeting time.) Can this activity best be done in pairs or small groups? (If so, plan the activity for a “Break Out” session, in which the students work in pairs or small groups in an online meeting room.) Is this activity best done as a whole group activity? (If so, be sure to plan time for the students to work as a whole group, and be sure to give a specific task to the whole group, not just the presenter.)

    [Here is a basic formula for flipping the classroom with Contemporary Topics.]

  2. Consider yourself to be a coach for active learning.

    A major part of the teacher’s role, particularly in online learning, is to provide coaching. Coaching involves specific directions on how to improve skills, but maybe more importantly, coaching involves providing motivation to guide and sustain students in their language learning efforts and struggles.

    Try to give at least one personal coaching tip to each student in each class. Try to include a coaching tip in each interaction you have with your students, especially if you meet only once a week.

    [Here is a set of coaching tips that you can use with your own students.]

  3. Prepare a menu of “core speaking activities” that you can do in break-out groups.

    Although “variety is the spice of life” may be true for a lot of relationships, it definitely does not hold for online teaching. Because of the challenges — and the sheer time-consumption — of explaining and demonstrating the procedures for a new activity, it’s most efficient to have a small number of “core speaking activities” that you use again and again. Just three or four “go-to activities” is all you need. If you have clear ground rules for the activities, you can just give minimal instructions, such as, “Okay, let’s do our Notes Review Activity now in groups of three. Go to your groups now. You have 10 minutes.” Of course, you’ll need to spend time at the beginning of the semester to get the procedures right, but once things get going smoothly, everyone will be grateful for the time-saving routines you have created.

    Aim to have at least three 5-10 minute speaking activities in each online class. These should be activities in which the students do all of the talking, with a clear task. In CBI, it’s very important to give students time to “process” and “own” the material — content-based teaching is definitely not all about being passive and receptive.

    [Here are some core speaking activities that I use with Contemporary Topics.]

  4. Use media supplements to complement the coursebook content.

    Because it is important to keep the content in CBI alive and relevant, you will want to supplement the course material with media that will personalize the class. It doesn’t take a lot to achieve this effect. Even just one supplement every two or three class meetings can keep your course content fresh and motivating.

    You can think in terms of sources you already know — such as TED presentations or YouTube interviews or Spotify songs or other pieces of media you have archived. (Hint: If you don’t have an archive of favourite sources to supplement units in Contemporary Topics, start one now!) Some popular sites that I use for supplementary material are Newsela and Listenwise. Just type in some topical words and you can find current content that is related to the course material.

    Remember: The key with this type of supplementation is that you are using “authentic” sources that focus on ideas and events, not on language learning per se. They give extra dimensions to the content of the course. And remember also, you don’t need to use every bit of media as a thorough comprehension exercise. You’re trying to spice up the content of the class, trying to keep motivating your learners to engage more. Aim to arouse curiosity and generate insight.

    Of course, you can also use language-related supplements. One of my favourites is Quizlet – it’s very fast and easy to create your own vocabulary quizzes for a unit. Add other terms that you think are useful. You can allow Quizlet to give you translations, definitions, and even sample sentences and graphics. All with a free account. Just create your quizzes and pass along the link to the students. They can practice in pairs, quizzing each other.

    Just adopt an experimental mindset — and see what kinds of supplements “click” with your students. And of course, don’t be afraid to ask your students to suggest supplements or types of topics they’d like to learn more about.

    [Here are some suggestions for supplementary activities you can use with Contemporary Topics.]

  5. Emphasize student participation as a key component of success in the class.

    It really can’t be emphasized enough that successful online classes require active student participation – via activities in break out groups, use of the chat and survey functions to respond to questions and ideas during classes, and preparation and delivery of individual and group presentations.

    If intrinsic motivation – the students’ natural desire to learn – isn’t enough to infuse a sense of active participation in the class, don’t hesitate to introduce some extrinsic motivational forces, like grades, to give an extra push. I recommend having participation measures for every class, if possible, and certainly for every unit in course.

    One ingredient of successful participation in Contemporary Topics is the preparation and delivery of individual presentations, which is the last activity in each unit. A few hints for maximizing the use of presentations:

    1. To save time (yours and the students’), the instructor prepares a small set (2 to 4) of reliable resources for each presentation. By using just these known resources (which may be articles or videos that you have pre-screened), you can be more certain that the students are doing sound research, rather than simply finding any sources on the internet and asking your approval.
    2. To allow for maximum use of student practice time, have every student prepare a presentation for every unit. Of course, you won’t have enough online class time for every student to present to the whole class “live”, but you can take advantage of free software like Flipgrid to have every student record and submit (after they are happy with their performance) their presentations. (If possible, you will also want to have students submit an outline for approval and comment by you before they do their presentations.)
    3. Because presentations in any format (live or recorded) are intended for a real audience, be sure that you and/or your students are viewing every presentation and giving some kind of substantial feedback. Develop a simple rubric that the audience can use to give feedback.

These are some ways that you can promote engagement in classes in which you’re using Contemporary Topics. The units themselves are organized to promote maximum participation and engagement, but it is up to the instructor to orchestrate the class and make decisions about timing, grouping, and supplementing the course material.

As I have mentioned, one thing that I am sure of is that content-based instruction can provide you with a flexible framework for engaging students, for creating a learner-centred course, and for achieving maximum progress.

Good luck!

About the Author

Michael Rost is the series editor of Impact Issues and other ESL/EFL series published by Pearson, including English Firsthand and Contemporary Topics. He is also the principle author of Pearson English Interactive, a four-level fully online course. Dr. Rost has written widely on language education, particularly oral communication development. You can access his academic publications at Google Scholar.

Related Links

Support for ELT teachers moving courses online
About Contemporary Topics
FacebookTwitter

English Firsthand をオンライン授業に使う3つのコツ

オンライン授業への移行が進むなかで、複雑な心境の先生もいらっしゃるかもしれません。オンラインの授業は教室での授業よりもシンプルにせざるをえず、内容が淡白になりすぎて生徒が急速にやる気を失ってしまうのではないか、と。やる気を引き出す授業を作り上げるためには、どんな環境であっても何かしらの障害が発生するものですが、具体的な手順を踏むことで、生徒を惹きつけるコミュニカティブなオンライン授業にしていくことも可能です。 具体的にはどうすればいいのか、この記事ではコツを3つにまとめて紹介します。 以上の「コツ」はEnglish Firsthandシリーズの利用を想定して書かれていますが、アドバイスの内容自体はこのシリーズ以外のコンテンツにも応用できます。

オンライン授業やオンライン学習について複雑な感情をお持ちの先生は少なくないでしょう。私も例外ではありません。私の場合、包括的なオンラインコースを作るということは事前に膨大な計画と準備を要するのにもかかわらずかけた労力に対してほとんどの生徒が得られる恩恵はごくわずかなのではないか、というジレンマを感じています。比べると、「普通」の、教室での授業や学習は、インタラクティブな過程です。規定のテキストとカリキュラムがあったとしても、コースを進めながら、コンテンツの取り扱い方や学習評価について、教師と生徒の双方から、場合によっては「交渉」と言っても差し支えない、細かな調整が随時発生します。

オンライン学習に対して複雑な気持ちになるのは、準備のジレンマだけが理由ではありません。オンラインで可能な交流のかたちも問題なのです。先生方のほとんどがそうだと思いますが、私の教師としてのキャリアのなかで一番のポジティブな経験は、教室のなかで起こった、生徒たちとの交流だからです。自分が教えたことが生徒の人生にどんなふうに影響していくのかを、間近で、この目で見ることができたからこそ、なのです。「オンライン授業」と言われると、教室でのリアルな授業から生まれる喜びが薄まったようなやりがいしか感じられないような印象を持ってしまいます。

しかし、教えることと学ぶことを取り巻く環境というのは常に変化していくものですし、今回のパンデミックが始まる前からでさえ、そういうものだったわけですから、私たち教師はどちらにしろ教え方のレパートリーを広げていく必要があると言っても差し支えないでしょう。効果的で、時に喜びに満ちた指導や学習が、オンラインでの交流を通じて起きてもおかしくないですし、今後、起きていくでしょう。それが現実であり、私たちは受け入れていくしかありません。

English Firsthand シリーズが生まれた25年前からシリーズエディターとしてコースに関わってきた私が自信を持って言えるのは、初版から5版までのどれもが、テクノロジー、コミュニカティブ言語教授法、文化といった、教育業界の移り変わりに応じた進化を遂げてきた、ということです。ですから、この時勢で起きていることを、新たな進化を求められる新たな変化であると捉えれば、状況に適応するだけにとどまらず、 成功につなげることも可能だと思います。そのためには、前向きな姿勢を保つこと、すなわち教育面の成果に目を向けることが肝心です。

この記事では、English Firsthand シリーズをオンラインで教えるための3つのコツをご紹介しますが、このシリーズ以外で、コミュニカティブな学習を中心に据えたコンテンツや教授法にも応用できます。

その1: ポジティブな「クラス文化」を作る

教師とは、クラスを導くリーダーです。リーダーとは、意識している、していないにかかわらず、自らが率いるクラスの「文化」を作る人間でもあります。これは会社や家庭にも同じことが当てはまります。「クラス文化」とは、そのクラスの根本に流れる価値観や姿勢のことを指します。ご自分のクラスの文化をどういうものにしようか決断していくなかで、成果につながる、楽しめる雰囲気を作り上げ、お互いを尊重する姿勢を導き、明確な方針を維持していくことが可能です。クラス文化には、生徒同士にお互いを意識させ、ポジティブな学習環境を持続させる効果もあります。それだけでなく、活発なクラス文化は「成長志向」を育み、クラスの一体感や、コミュニケーションと相互協力と助け合いを通じてみんなで成功を目指すという考え方を浸透させるのです。

こんなふうに書くと、なんだか大層な取り組みだ、責任重大だと思う方もいらっしゃるでしょう。確かにそうですし、むしろ達成不可能に感じるかもしれません。それが、可能なのです。

教えるという場には、必ず「不可能な難題」がつきまといます。初めて教鞭をとった時の私は未熟な21歳で、Peace Corpsのプログラムで西アフリカにあるトーゴの首都ロメの高校に派遣されたばかりでした。1日5つのクラスを持たされ、80〜100人規模の野外教室で教えなければなりません。テキストさえなく、当然ながら環境はアナログで、電気さえ通っていなかったのです。

状況だけ聞けば、当然「不可能」と言いたくなりますが、「ポジティブなクラス文化」(当時はそんな呼び名もありませんでしたが)を作り上げるにはどうすればいいかを教えてくれた教官のヒントや研修の甲斐あって、ポジティブな指導環境を生み出すことができました。すると生徒はすぐに反応してくれました。ほとんどの生徒が賛同を示してくれ、相互協力し、助け合いながら学習するようになりました。もちろん私自身も、前向きな姿勢を保ち、良い結果に目を向け続け、新しいアイデアを生徒と試していけるよう、毎日自分で自分に暗示をかける必要がありました。というのも、ただ何となく出席を取り、ルールを守らせ、ドリルをやらせ、板書した内容を丸暗記させてテストし、成績をつけるだけ…と、教師というより授業監督のようなやり方をついしてしまいそうになる日もあったからです。クラス文化がなければ、惰性で仕事をしてしまっていたかもしれません。

私からのアドバイスをまとめると、成長志向でもって、ポジティブなクラス文化の構築に集中すること、クラス文化を築くため、毎日一歩一歩前進すること、そしてコミュニケーションの範囲を意識して広げる努力を奨励し続けることに尽きます。気づけば素晴らしい成果が生まれている、そんなこともあるかもしれません。

「クラス文化」の点で私がこれまでやってきたことをいくつかご紹介します。

  • クラスを始めるときに生徒一人一人に声をかける。オンライン授業では特に大切です。名前を呼び、アイコンタクトを取って、それぞれを気にかけてあげましょう。
  • 生徒たちの準備ができるまでの冒頭の数分間、リラックスできる音楽をかける。
  • 毎回、何かしらポジティブな題材でクラスを始める。啓発的なYouTubeビデオ、元気が出そうなInstagram投稿、心が温まるようなニュースなど。褒め言葉の短いレッスンをしてから、一人一人に誰か別の生徒を褒めることで練習させてもいいかもしれません。
  • 「参加を誘うトリック」を随所に挟む。チャットボックスに一言で回答できるような質問(例:Do you prefer vanilla or strawberry ice cream? – write your answer in the chat box.)をするなど。
  • クラスの目標をおさらいする。特にセッションの最後に行うと効果的です。
  • 80:20の法則を使う。フィードバックの80%はポジティブに。努力や態度の改善を褒めてあげましょう。

その2: 教材をオンラインで一箇所にまとめておく

魅力的なコンテンツは、効果的なオンライン授業に不可欠です。じっくり選びましょう。English Firsthandシリーズでは、魅力たくさんのコミュニカティブなアクティビティを考え、選び抜いたうえで慎重に作成しました。このシリーズを採用されている場合、授業に使える教材がたくさん組み込まれています。例えば、アクティビティで生徒に配る用の教材のPDF、オーディオファイル、ビデオファイル、テスト、そして先生向けにはTeacher Manual、教え方のアドバイス、補助教材や参考資料があります。

コースにどれだけのコンテンツが必要になるか、予め考えて準備しておきましょう。English Firsthandにはコンテンツを一箇所にまとめてあるツール「Pearson English Portal」がありますが、そのようなツールがない別のコースブックを使っている方は、独自のポータルサイトを作っておくと良いかもしれません。。例えば、Googleドライブにファイルを作り、教材の本文、パワーポイント、ビデオ、オーディオファイルを入れるなどといった方法があります。

Teacher Resources in the Pearson English Portal Pearson English Portalの中の先生用のリソース

ここで必ず、生徒がコースに参加するために必要なものを全て揃えるようにしてください。教材を自作するのであれば、ご自分で適切だと感じるよりもやや難しめに設定することをおすすめします。ここでの鍵は、ハードルを上げ、生徒を引き込むことです。私は、次のことを強く信じています:

使う素材が優れていれば授業は成功したも同然だ

何より、コースを指導するリーダーであるあなた自身が、授業に使うコンテンツ満足していることも大事です。教師自身がハッピーで意欲的であることが、コースを通じて成果を出すうえで肝心だからです。

その3:授業を反転する

「反転授業」とは指導手法のひとつで、生徒の参加とアクティブ・ラーニングを重視するブレンデッド・ラーニングの一種です。反転授業では、授業を意図的に学習者中心のモデルへと変え、その間、トピックの内容を深く掘り下げて有意義な学習の機会を設けます。これを、特にペアワークやグループワークでの作業を中心に進めます。 また、生徒たちにオーディオやビデオを使った宿題やタスク、もしくはリーディング・ライティングタスクを課し、まず授業の外で新しいトピックに触れてもらうのが反転授業です。

English Firsthandを使っていると、授業を簡単に反転することができます。 Marc HelgesenやJohn Wiltshierといった、自身も教師である著者陣を筆頭に、たくさんの先生方が、English Firsthandをシリーズを利用した反転授業モデルを何年も実践し続けています。

To Doリストを作るとやりやすくなるかもしれません。紙を用意し、真ん中に真っ直ぐ線を引きます。左には「自宅」、右には「授業」と書き、生徒たちに自習中にさせたい内容と、オンライン授業の最中にさせたい内容を分けて書いて行きます。

English Firsthand 1に登場するリストの一例です:

自宅でできること:

  • Vocabulary Building: Student Bookとオーディオ利用(各ユニットの冒頭ページ)
  • Listening: Student Bookとオーディオ利用(各ユニットの2ページめ)
  • Conversation: Student Bookとオーディオ利用(各ユニットの3ページめ)
  • Language Check: Student Bookとオーディオ利用(各ユニットの6ページめ)
  • Real Stories: Student Bookとオーディオ利用(各ユニットの8ページめ)

これに加え、ボーナス・アクティビティを与えても良いでしょう。

  • 連続ドラマ形式 “Start Up”(ビデオ)でのリスニング。各ユニットの言語機能部分と相関(MyMobileWorld内の対応コース部分に収録)
  • Student BookのConversationセクションを再現した、Conversation Coach(ビデオ)を使った会話練習(MyMobileWorld内の対応コース部分に収録)
  • Quizletを使って語彙増強エクササイズ(MyMobileWorld内の対応コース部分に収録)
  • Your Story(ビデオ)。Real Stories in Student BookのReal Storiesセクションと相関
  • 個人プレゼンテーション。 FlipGrid等、ビデオ作成用無料ソフトウェアを利用

課題を与えすぎて生徒を圧倒しないよう、小さなことから、少しずつ、始めましょう。どのアクティビティがとりわけ役立つと感じたか、生徒の感想を聞くこともお忘れなく。

授業内でやること(ビデオ会議を使ったセッション中)

  • ペアワーク: Student Book (各ユニットの3〜4ページ目)利用。 SkypeやZoomなどのオンライン会議プラットフォームを利用し、ブレイクアウト(小分け)グループで約10分間。パートナーを変えてアクティビティを繰り返す(English Firsthandシリーズ内に登場するような「リアル」なコンテンツを使えば、タスクの繰り返しでも飽きさせません)
  • グループワーク: Student Book (各ユニットの7ページ目)利用。ブレイクアウトグループで最大15分間。小グループで協働タスクを完成させる
  • 個人プレゼンテーション。Student Book (各ユニットの8ページ目)Real Storiesセクションの延長。自分のビデオプレゼンテーションを共有するか、クラス全員の前、もしくはブレイクアウトグループで「生中継」しても良い
  • 全員参加の“Q&A”や “ディスカッション”または“考察”: 課題に関する生徒から教師への質問したり、教師からディスカッション・考察アクティビティ用の問いを投げかけたりする時間。特に授業の最後に行うのに向いている。セッションで教えた内容を振り返り、「クラス文化」の育成に使う

ここで大事なのは、セッション時間をクリエイティブなアウトプットに有効利用することです。生徒たちは、自分たちが主体となって学んでいると実感するべきなのです。

反転授業とは、ライブセッション中に最小限の労力で最大限の効果を得る手法である、と憶えておきましょう。オンライン授業のセッションを、あなた自身を含め、誰もが引き込まれ、楽しめるものにするために、できる範囲で適宜工夫しましょう。

バリエーションを持たせることも有効です。実際の教室と同じように、スクリーン上で見せる画像やビデオクリップ、音/音声、音楽、効果音、質感といったものに変化をつけ、生徒に様々な体験をさせましょう。どんなにルックスに自信のある先生でも、ひたすら先生の顔を見ているだけのセッションに終始しないように!

まとめ

オンライン授業には様々な障害がつきものです。ストレス環境の下で授業の準備をしなければならないときは、ことさら辛いかもしれません。新型コロナのパンデミックをきっかけに私たちの生活のあらゆる側面が豹変してしまった今、やはり、教え方においても、必要とされる変化に順応することが大事です。このパンデミックを、全世界があらゆる次元で協力し合う時代を作っていくチャンスと捉えれば、人類が生き残り、繁栄し、そして将来の問題を解決する方法を学ぶためには、地球資源を共有し、知識を共有する必要があるのだと気付かされるでしょう。

教えることの基本に立ち返り、教師という職を選んだ理由を思い出せば、有意義で満足感のあるオンライン授業を実現する方法は必ず見つかります。 適切なテクノロジーを学べば役に立ちますが、クラスの成否を分けるのは、あなた自身のリーダーシップと計画、そして生徒や生徒が直面する問題の数々への共感力です。これは、私が担当する教師研修コースで研修中の教師に何度も言っている言葉です。

この記事でご紹介した「コツ」を、これからオンラインクラスを準備し、実施して行くにあたって手引きとして役立ててください。誰もが大変な思いをしている時期ですが、一緒に頑張っていきましょう。

その他のリソース

English Firsthandの著者Marc Helgesenが生徒が自宅でできるワークシート“Talk to yourself”を作りました。 以下のリンクからダウンロードいただけますので、是非ご利用ください。

ダウンロードはこちら (Zip/PDF, 3.5MB)

筆者Michael Rost紹介

Impact Issuesをはじめ、ピアソンのEnglish FirsthandやContemporary TopicsなどのESL/EFLコースブックのシリーズエディター。4レベル構成の完全オンラインコースPearson English Interactiveの主要著者でもある。言語学習、なかでもオーラルコミュニケーションの発達に関して数々の学術論文を発表しており、Google Scholarより参照可能。

Related Links

Support for ELT teachers moving courses online
About English Firsthand
FacebookTwitter

Impact Issuesをオンライン授業に使う5つのコツ

この記事を読む先生のなかには、オンラインでの授業に苦労されている方もいらっしゃることでしょう。さっとクラスを準備しなければならない時や緊急時には特に困ることでしょう。そこで、オンラインで言語クラスを教えるに当たり、失敗しないための準備のコツを5点、具体的に解説していきます。 以上の「コツ」はImpact Issues シリーズの利用を想定して書かれていますが、アドバイスの内容自体はこのシリーズ以外のコンテンツにも応用できます。

オンラインの授業を準備しなければいけない先生や、どうすればオンライン授業で失敗しないのか、お悩みの先生に朗報です。困っているのは皆さん同じなのです。初めて設定するオンライン授業の準備に困惑し、うまくできないのではないかと不安を抱えている先生はたくさんいます。でも、これからご紹介する5つの具体的なステップを踏んで準備すれば大丈夫です。まず、心を落ち着けるところから始めましょう。自分にできるだけのことをすればいいのです。完璧である必要はありませんし、むしろ、完璧主義は良い授業の天敵なのですから。

Impact Issuesシリーズエディターとして、ご紹介する5つのコツはImpact Issues レベル1をオンラインで教えると想定して書いていますが、他のコースブックや、ご自分で作ったコースに簡単に応用可能です。

その1:リーダーシップを発揮する

教えることとリーダーシップは切り離せません。教師とは、方向性や基準を提示し、指導する立場であることはもちろんですが、熱意を持って、生徒の学習意欲を刺激し、心の面でも拠り所になるという役割もあることを忘れてはなりません。教師たるものリーダーであることを自覚し、生徒からは何を期待するべきか、明確に提示してあげましょう。

教えるという場には、必ず「不可能な難題」がつきまといます。私が初めて教鞭をとったのはPeace Corpsのプログラムで西アフリカの高校に派遣されたときのことでした。80〜100人規模の野外教室で、テキストもない、アナログな環境でした。状況だけ聞けば、当然「不可能」と言いたくなりますが、適切な研修を受け、この状況で何が達成できるのかという心構えができ、さらに、生徒の学習への熱意とやる気を引き出し、共同の取り組みへと向ける方法を学ぶうちに、「不可能」が「可能」に変わりました。 ちなみに、秘訣の1つは生徒一人一人にノートを持たせることでした。これが生徒たちには誇らしかったようで、熱心に黒板を写し、授業中も放課後も活用していました。当時、私たちにとっては画期的な「テクノロジー」だったのです。

クラスを引っ張っていくリーダーとして、生徒の評価方法を決めておきましょう。クラスへの参加やコース中のプロジェクトも含めた、クリエイティブな方法を考えてみると良いでしょう。

その2:教材をオンラインにまとめておく

魅力的なコンテンツは、効果的なオンライン授業には不可欠です。じっくり選びましょう。どれだけのコンテンツを使うか、事前に準備しておきます。Impact Issuesにはコンテンツを一箇所にまとめてあるツール「Pearson English Portal」がありますが、そのようなツールがない別のコースブックを使っている方は、独自のポータルサイトを作っておく必要があります。例えば、Googleドライブにファイルを作り、教材の本文、パワーポイント、ビデオ、オーディオファイルを入れるなどといった方法があります。

Teacher Resources in the Pearson English PortalPearson English Portalでアクセスできる先生用のリソース

ここで必ず、生徒がコースに参加するために必要なものを全て揃えるようにしてください。教材用に作られていないリアルな英語を使った難しめのコンテンツ、例えばYouTubeビデオやTEDトークなどといった題材を使うときは、トランスクリプトや訳文(ソースそのものに組み込まれていることもよくあります)、学習方法の手引き、理解度テストなどの補助教材を用意してください。 Impact Issues Teacher’s Resourcesには、知的好奇心を刺激するYouTubeビデオが3本付属しています。どれもが、コースブックの各トピックに沿った内容と長さを基準に選ばれています。 また、Impact Issuesシリーズは、様々な視点を提示し、生徒を考えさせる内容のストーリーを軸に構成されており、ディスカッションやプレゼンテーションといったアクティビティで、批判的思考、意見交換、周りに配慮した自己表現を奨励していきます。

教材を自作するのであれば、ご自分で手ごろだと感じるよりもやや難しめに設定することをおすすめします。ここでの鍵は生徒を引き込むことです。また、生徒は手強いと感じたときに奮起しやすいものなのです。

Impact Issues resources online Impact Issuesのオンライン・リソース

また、クラスでこれから使おうというコンテンツに、コースを指揮する立場であるあなた自身が満足していることも大事です。教師自身がハッピーで意欲的であることが、コースを通じて成果を出すうえで肝心だからです。

その3:学習管理システムをクラスごとに設定する

繰り返しになりますが、市販のコースブックを使うのであれば、大抵は専用の学習管理システム(LMS)が何かしら付属していて、スケジュールを作成したり、宿題を投稿したり、メールを送ったり、宿題を受け取ったりといった機能がついています。ものによってはビデオ会議までできてしまいます。付属LMSがないという方は、Google Classroom (classroom.google.com) や類似プラットフォームを利用して自分で簡易LMSを作ることができます。クラス作成、生徒の追加、使いたい教材のアップロードといった用途のほか、教材へのリンクや、課題を提出しフィードバックを受け取る場所を生徒に知らせるためにも使えます。

活動中のImpact Issuesの学習管理システム(LMS)

経験上、効率を最大にするには境界線の設定が必要です。私用メールと授業関連のメールは分けておきたいものです。自宅兼オフィスで、授業専用の仕事場を作る人がいるように、クラウドのストレージスペースも授業用のファイル保管専用に作ったほうがいいかもしれません。

ライブ授業用のツールとして、これまでになく容易にオンライン会議ができるようになりました。信頼できるプラットフォームを選び、定期ミーティングを設定しましょう。ライブのオンライン会議、プラットフォームの機能次第では生徒同士の「ブレイクアウト(小分け)」グループも、定期的に授業に取り入れましょう。週30分行うだけでも、クラスというコミュニティの雰囲気を維持し、学習を促進してくれます。

テクノロジーが飛び抜けて得意でもない限り、よくあることですが、クラス管理でどうするかわからない、コンテンツの表示ができない、といった技術的な問題や、それに伴うイライラはコースを進めていくうえで避けられません。このような技術面での問題にめげないことです。テクノロジーの細かい部分まで全てマスターしなくても、効果的な授業はできます。その都度学んでいき、独りで溜め込まずに助けを求めるようにしましょう。

その4:生徒のクリエイティブなアウトプットを重視する

「アウトプットを促すこと」は言語学習、特にオンライン言語学習の要です。つまり、独学ならこの程度は自然に出てくる、という範囲を超えたアウトプットを「やらせる」ということです。Impact Issuesは、出てきたストーリーのなかから興味を惹かれる部分を見つけてその理由を説明する、ストーリーの葛藤部分について自分の意見を表明し、クラスメイトと意見を交換し、反対意見を述べて自分の視点を説明する、ユニットに登場したアイデアをもとに自分で短いプレゼンテーションをするなど、従来のよりもたくさんの「アウトプット」を行うように作られています。ストーリーを読んだり聴いたりしてから理解度クイズに答えるだけでは、授業を通じた学習としてはあまりに受動的すぎますし、オンライン学習としてはあまりに参加の度合いが低いからです。

生徒からどんなアウトプットを引き出せるかを考えてみましょう。全アウトプットに対し逐一を評価したりスコアをつけたりする必要はありません。間違いを毎回指摘する必要もありません。クリエイティブなアウトプットで一番大事なのは自己表現と意見交換であり、生徒の自信や、学習における自主性を育てることなのですから。

Self-expression in front of the camera カメラ前で生徒によるクリエイティブなアウトプット

日記などのライティング課題や、意見を録音するなどの音声を使った課題、短いプレゼンテーションなどのビデオを使った課題を与え、設定済みの学習管理システム(ステップ3参照)を利用して提出させましょう。間違いを指摘するタイプのフィードバックではなく、手を差し伸べてあげるタイプのフィードバックを定期的に与えましょう。生徒が提出した課題について、生徒同士でコメントしあう機会があってもいいかもしれません。

その5:協力的な学習コミュニティを構築する

生徒同士の共同作業を増やす方法を探りましょう。Impact Issuesでは、Think about the Issue(問題について考える)Explore the Topic(トピックを掘り下げる)Present your Ideas(アイデアを表明する)という、3種類の共同作業があると考え、それぞれ、単独で作業するだけでなく、アクティビティを完了する過程で生徒同士がアイデアを共有し、他の生徒が表現したことに対して反応することを重要視しています。

クラスを4〜5名のグループに分け、メールや電話やソーシャルメディア、そしてSkypeやZoomなどのオンライン会議を通じて共同で課題に取り組ませ、課題やプレゼンテーションを共同で提出させてもいいでしょう。コミュニカティブ言語教授法が普及し始めた当初、英語教師は生徒のペアワークに対し、監視が難しいし、誤りを正すことができないから、と消極的でしたが、生徒同士が情報、アイデアや意見を交換する「ターゲット言語を使ったリアルなコミュニケーション」の利点にだんだんと気づき始めたのでした。オンライン教育でも同じような現象が起きています。生徒を監視したり、誤りを正したりできないからと抵抗を感じるかもしれません。しかし、言語使用へのフィードバックを超える価値が共同作業にはあるのです。

生徒同士、書いた作文を交換させ、読んだ感想を交換させましょう。Impact Issues のEngageセクション(ストーリー部分、2者での会話形式がほとんどです)を自分たちで読んで録音させましょう。Think about the Issuesセクション内の問いや意見文に対する回答を録音させましょう。Explore the Topicセクションで行ったディスカッションを録音させ、Group Exchangeで意見をまとめさせましょう。2人1組でPowerPointスライドなどのビジュアル資料を使ったプレゼンテーションを準備させ、Present your Ideasセクションで、SkypeやZoom、Camtasiaの録画機能を使ってビデオ録画しましょう。

オンラインで「ブレイクアウトグループ」を作り生徒同士協力し合うコミュニティを構築する

学習アクティビティに「ブレイクアウトグループ」を作り、定期的なビデオ会議ミーティングをクラス全体で行うことで、有意義な学習には非常に重要な、生徒同士協力し合うコミュニティを構築していくことができます。Impact Issuesでも採用しているような、リアルなコンテンツを使う場合、必ず教師として自分自身の意見や経験を入れるようにしてください。個人的な話を含めることが学習コミュニティの構築に役立つだけでなく、あなた自身の意欲と充足感を保つことにもなります。

まとめ

オンライン授業には様々な障害がつきものです。ストレス環境の下で授業の準備をしなければならないときは、ことさら辛いかもしれません。しかし、教えることの基本に立ち返り、教師という職を選んだ理由を思い出せば、オンライン授業が記憶に残るような、やりがいのあるものにする方法は必ず見つかります。適切なテクノロジーを学べば役に立ちますが、クラスの成否を分けるのは、あなた自身のリーダーシップと計画、そして生徒や生徒が直面する問題の数々への共感力です。この記事でご紹介した5つのコツを、オンラインクラスを準備し実施する手引きとして役立ててください。誰もが大変な思いをしているこのご時世、一緒に頑張っていきましょう。

その他のリソース

English Firsthandの著者Marc Helgesenが生徒が自宅でできるワークシート“Talk to yourself”を作りました。 以下のリンクからダウンロードいただけますので、是非ご利用ください。

ダウンロードはこちら (Zip/PDF, 3.5MB)

筆者Michael Rost紹介

Impact Issuesをはじめ、ピアソンのEnglish FirsthandやContemporary TopicsなどのESL/EFLコースブックのシリーズエディター。4レベル構成の完全オンラインコースPearson English Interactiveの主要著者でもある。言語学習、なかでもオーラルコミュニケーションの発達に関して数々の学術論文を発表しており、Google Scholarより参照可能。

関連リンク

遠隔授業を進める必要がある先生方向けのコツやリソース
Impact Issues シリーズの詳細
FacebookTwitter

国際コミュニケーションスキル研修
 @沖縄科学技術大学院大学実施レポート

2019年10月に沖縄科学技術大学院大学(OKINAWA INSTITUTE OF SCIENCE AND TECHNOLOGY GRADUATE UNIVERSITY – 以下「OIST」)にて、「International Networking」研修と「Project Management」研修の2つの研修を実施致しました。


校内の風景
研修実施場所(プレジデントハウス)
研修実施場所(プレジデントハウス)

実施背景

卒業後、多くの学生たちは就職されます。OISTの教務セクション(キャリア開発チーム)では、「学生たちが、卒業までの在学期間中に、将来的に必要となるビジネススキルやコミュニケーションスキルを向上させるためのサポートしたい」という考えから、ビジネススキル研修を在学期間中に実施するという新しい試みを行うにあたり、弊社にお問い合わせをいただきました。

実施目的

  • キャリア開発のための研修
  • 就職後に必要なビジネススキルを身に付けてほしいため、コンテンツはビジネスを想定した内容を希望
  • 在学期間中にも適応出来るスキルも含めてほしい
  • 学生たちには「なぜそのスキルが必要なのか、または効果的であるか」も教えて欲しい
  • 積極的に発言してもらい、活発な意見交換をして欲しいため、1クラスは最大で15名程度の少人数制を希望
  • 参加者は多国籍のため実施言語は英語を希望

実施研修 ① 「International Networking」

国際社会でネットワークを広げるために、どのような準備やスキルが必要かを学びます。在学中及び就職後のネットワーキングの場面で、より自信を持って対応出来るコミュニケーションスキルを身に付けることを目的とします。 自分自身を分析するためのツールを事前課題として実施し、「自分の強み・価値・目的・ストーリー」を把握し、相手とどのようなコミュニケーションを取れば効果的に自分自身を売り込むことが出来るかなど、アクティビティやディスカッションを通して学びました。

実施研修 ② 「Project Management」

プロジェクトを効果的にマネジメントするためのツールやテクニック、プロセスを学習します。 プロジェクトを成功させるために必要なスキル(チーム構成、ステークホルダー分析、見積作成とトラッキング、スコープの定義など)の習得を目指します。 今回の研修用に作成したプロジェクトのケーススタディーを基に、Project Managementに必要なテクニックやツールを駆使し、アクティビティを通して実践形式で実施しました。

受講者様からのコメント(原文)

I have enjoyed this Networking Training much more than any others I have previously attended. I especially appreciated the presentation of research concepts and modern business practices. This presentation felt more grounded in reality rather than the opinions of a specific presenter
I appreciate that the materials seems specific prepared for OIST. The placement and alternative presentation and materials were very well timed and helped reinforce concepts.
You(Instructor)created a wonderful atmosphere for participants. Strong materials, and well synthesized information)
The simulation game was a fun, enjoyable way to learn and “experience” managing a team of people. Good mix of interactive and lecture/explanation components.
両研修ともに、終始和やかな雰囲気で実施され、参加した学生さんたちは、自分の現在の状況や悩みを共有しながら、将来的に研修で得たスキルをどのように活用できるかなど積極的に講師に質問しておりました。意見交換も活発に行われ、参加いただいた学生さんたちや、キャリア開発チームの皆様にも大変ご満足いただけました。
FacebookTwitter

効果的な多読指導法:5つのコツ
(中学生・高校生・大学生編)

昨今、多読の効果や必要性が様々な書物や学会等で報告されて、多読を導入する学校が私立のみならず、公立でも徐々に増えてきているのは、日本の英語教育にとって喜ばしいことです。多読の効果はまず情意面に表れます。特に、英語嫌いが解消され英語に対する自信が出てきてモチベーションの向上が見られます。次に徐々に英語力が向上していきます。語学力に関しては読書スピード向上に始まり、リーデイング力、リスニング力、スピーキング力、語彙力、文法能力等が向上したという研究結果が発表されています。ところが中には多読を導入したものの余り本を読まない学習者がいる、とか、期待したほど学習者の英語力が上がらない、などと、多読に対して懐疑的な先生がいらっしゃるかもしれません。これまで様々な年齢層の学習者を学校で25年以上(個人指導は40年以上)多読指導をしてきた経験から、効果的な指導法の5つのコツを述べます。

[中学生・高校生・大学生の多読指導]

(1)多読図書の選択 (楽に読める本を50~100冊読破)

これは最も大切なことです。多読を持続させるには、学習者の読む気が起こるような図書を選択させる必要があります。読む気が起こる本とは、興味を引く内容であるのは勿論ですが、英語で読む場合は、楽に読める本でなければなりません。楽に読めるとは、辞書を使わず日本語訳をせずに読んで、内容の8~9割を理解できるレベルです。また、選択権があるのも魅力です。学習者の英語のレベルよりも易しくて面白そうな本を並べて、「この中から好きな本を選んでいいです。」というと、皆我先にと選び始めます。「読み終わった人は次の本と交換していいですよ。」と言えば、早く次の本を選びたいから皆真剣に読みます。多読開始から最初の2~3か月は、かなり易しい本 (YL = 0.3~0.6) を大量に(50~100冊)読ませて、日本語訳の癖を取り去ります。日本語訳をしながら読むと、読書スピードは上がらず、多読の大きな効果の一つであるリスニング力の伸びも期待できません。

(2)読書時間の確保 (Sustained Silent Reading:授業中に一斉多読)

次に大切なことは、学習者が読書に慣れてそれが習慣となるまでは、必ず授業中に10~15分間皆で一斉に読ませることです。授業の最初か最後の10~15分に読書時間を設け、その時間で読める程度の短い本(学習者のレベルに合わせて総語数が 100 ~1,500語)を読ませます。その時はストップウォッチが大活躍です。「10分間にどれだけ読めるか、はじめ!」 と声をかけて読ませれば、皆集中して読むため集中力が向上します。 朝の読書時間やホームルームの時間に、10~15分の読書時間が取れれば、毎日この読書訓練ができるので、効果が現れるのが早くなります。もし図書の数に余裕があれば、自宅でも毎日10~15分間読むために本を貸し出し、一人でも読めるように習慣つけをしていきましょう。

(3)レベルアップ方法(同じシリーズの同じレベルの本をまとめ読み)

多読初期に平易な本を集中して50~100冊 読み、日本語訳が出てこなくなり、読書スピードも速くなってきたら(wpm 100 ⇒ 150~200)徐々に本のレベルを上げて行きます。その場合、同じシリーズの本を5~10冊まとめて読み、レベルアップしていけば効果的です。 何故なら、同じ出版社の同じシリーズの本では見出し語(headword)が統一されているため、同じ語彙に遭遇する頻度が高くなり、読めば読むほど読みやすくなり、読書スピードも上がってきます。 結果的に習得語彙も増え、次のレベルへの移行がスムーズに行えます。また、中には同じ作家の本もかなり含まれているので、特徴的な話の展開に気付き、特定の作家にはまっていく学習者もいます。一番効率が悪いのは、様々なシリーズで難易度がバラバラの本を、あれこれ手当たり次第読んでいくことです。最初にどのシリーズが面白いかを捜すために様々な本を読んでみる場合もありますが、好みのシリーズが見つかったら、ある程度同じシリーズでレベルを上げながら読み進めていく方が効果的です。

(4)読書記録をつける(読書記録で自己の成長を確認)

多読を行う時には多読記録手帳を用いて必ず一冊読むごとに読書記録をつけて行きます。読めば読むほど冊数と語数が増えていく記録は、大きなモチベーションになります。1年間の読書状況を振り返ったり、以前に読んで難しいと感じた本を再度読んでみたりすれば、自分の英語力の伸びに気がつきます。そうなれば、授業の一環として読まされるのではなく自主的に読む様になってきます。単位を取るための義務的な苦痛の多読ではなく、楽しみながら学習者の英語力向上を目指す多読になります。

(5)指導者の多読(楽しみながらの教材研究)

多読指導者にとって一番大事なことは、指導者自らが多読を実践することです。学習者にどの本を勧めるか、どのようにレベルアップさせるか、躓いてる学習者にどのような助言をするか等々、指導者が多読図書に熟知していなければ指導が難しいでしょう。多読図書を読むのは他の授業での教材研究と同じことですが、違うのは、楽しみながら教材研究ができるということです。また、指導者自身の英語力が向上して他の英語の授業にも好影響を与えるという副産物もついてきます。


多読授業は周りから見れば、教師は授業中に何もせずに楽な指導法だと思われがちですが、従来の文法訳読(Grammar-translation) 方式の授業と比較すれば、数倍もの準備とエネルギーが必要なのです。如何に個人個人を伸ばしていくか、常に観察・研究をしていかなければなりません。また、教師主導ではなく学習者主導の授業なので、教師が教えるのでなくて、学習者自らが学んでいくものです。そのためには、学習者にやる気を起こさせなければなりません。そこに一番工夫が必要です。指導は大変ですが、それに見合うだけの成果は確実に上がります。 大量のインプットが自然なアウトプットに結びついていきます。学習者の英語運用能力を高めるために、我々指導者自身が思う存分楽しんで多読図書を読みましょう。

髙瀬敦子先生について

高校時代にAFS生としてアメリカ留学、日本の英語教育の欠陥に気付き、帰国後個人指導の授業に多読を導入。 テンプル大学院にて教育学博士号(TESOL)取得。著書「英語多読聴指導マニュアル」(大修館書店)。 梅花中学高校、大阪国際大学、関西大学、近畿大学、甲南大学等で多読指導を導入。 現在、関西学院大学非常勤講師、岩野英語塾にて小学生の多読指導、国際多読教育学会(ERF)理事、日本多読学会(JERA)理事

関連リンク

ピアソンリーダーズ
読書コンテスト2019
リーダーズ
カタログ
請求フォーム
ピアソンリーダーズ
ライブラリーセット2019

(10-15% OFF)
ピアソンリーダーズ
について
FacebookTwitter

生徒が英語で自分の意見を言いたくなる3つの「コツ」

EFLの教室では、生徒が英語で本当のコミュニケーションを行う機会を与えてあげることが大切です。本当のコミュニケーションとは、教科書のダイアログをAさん役とBさん役に分かれて読み合わせたり、暗記したりではなく、自分が本当に聞きたいことを相手に尋ね、本当に言いたいことを相手に伝える、という意味です。思わず聞いてみたくなる、思わず言いたくなるという気持ちが生徒に芽生え、会話を楽しむ、という状況は、どうすれば作り出すことができるでしょうか。
私が最もおすすめしたい効果的な方法は、「生徒が英語で意見を述べ合うこと」です。なぜ意見交換がよいのでしょうか。意見交換は本物のコミュニケーションです。「ドリル」や「練習」とは違います。また、意見を述べるためには思考・判断力が必要で、生徒の知的レベルに合っています。それは言葉の深い習得にも繋がります。何よりも、生徒は自分の意見を伝え、他の人の意見を知ることが楽しいと言います。 でも、英語で意見を述べるなんて難しい、と思われますか?いいえ、大丈夫です!適切な教材と指導法があれば、初級の生徒でさえ英語での意見の交換を楽しめます。私は日本の学校で長年教えていますが、日本の若者は意見を持たないとか、人と違う意見を言いたがらない、など、否定的な意見を聞くことがあります。でもそんな事はありません。日本の生徒は意見交換を楽しみます。人の意見を知りたいと思い、意外かもしれませんが、人と異なる意見を言うことをためらいません。 ただし、生徒に自分の意見を言いたくさせるには、「コツ」が必要です。どのような「コツ」なのでしょうか?3つご紹介したいと思います。
  1. 面白くて身近なトピックを選ぶ。
  2. ユニークなスタンスで論点を示す
  3. 生徒が苦労なく話せる工夫をする。
具体的に見てみましょう。

その1. 面白くて身近なトピックを選ぶ。

まず、トピックの選定が重要です。生徒が興味を持つ話題でなければ、話したい気持ちが芽生えません。ファッション、友情、恋愛、就職、結婚、少子高齢化社会、地球温暖化、キャッシュレス時代、スマホ中毒、A.I、プラスチックごみ問題、などなど、身近な話題から社会問題まで、様々なトピックがあります。生徒がどのような話題に関心があるのか、どの話題なら話したくなるのか、知る必要があります。トピックをリストアップして選ばせるのも、良い方法です。教師の予想とは違うトピックが選ばれることも結構あり、教師の勘が当たらないことも。ただし、レベルにもよりますが、あまり軽い話題ばかりに偏らないように少しだけ介入することも必要です。私は中級以上の生徒であれば、「死刑制度」に関しては、「先生のおすすめトピック」として必ずリストに載せます。生徒の英語力にかかわらず人気があるトピックは、やはり「友情」「恋愛」「結婚」などですね。 しかし、興味のあるトピックを提示しただけで生徒が話したくなるわけではありません。さらなる「コツ」が必要です。

その2. ユニークなスタンスで論点を示す。

こうしてトピックを選んだら、次は論点(観点・主題)の設定です。ここで大切なことは、生徒が思わず何か言いたくなるようなユニークな論点を投げかけることです。分かりやすい例として、「英語学習の意義」というトピックをあげましょう。このトピックに対して、「英語学習はとても大切だ」. という論点を提示し、賛成か反対かを問うとどうでしょう。おそらくほとんどの生徒は「確かにそうだ。当たり前だよ」と思い、議論にもならないでしょう。感情も動きません。ところが、観点を「英語学習は必要ない」とするとどうでしょう。おそらく生徒の心の中では、「え?なぜ?」とか、「そんなのありえないでしょ」とか、「案外そうかもしれない」などのつぶやきが起き、何かを考え始め、何か言いたくなります。 もう一つ、「結婚」というトピックで考えましょう。「あなたは結婚についてどう思いますか」と問われたら、生徒は何と答えていいのか戸惑います。ここでも、生徒が思わず意見を言いたくなるような、ユニークでインパクトのある主題を設定する必要があります。例えば、「人は結婚する必要はない」にするとどうでしょうか。この観点に対して、賛成か、反対か、問いかけます。これは、すぐに反応を生みます。「そうだよ、結婚は個人の自由だよ」と思う人もいれば、「やっぱり私は、結婚は必要だと思う」とか「結婚する人が減ると、少子化が進むよね」と思う人もいますね。生徒は少し考えを巡らす事になり、自分の気持ちに気づいたり、意見を確認できたりします。そして何か言いたくなるようです。他の人の意見を聞いて、「それは違うよ!」と反論したくなることもあるでしょう。または、「なるほど、そういう考え方もあるのか」と、自分の気持や考えに変化が現れることもあります。 生徒に思わず何か言いたくさせる「コツ」はおわかりいただけたでしょうか。つまり、「アウトプットの意欲」を出させる、ということです。しかし実際にアウトプットをするには、英語力が要ります。語彙や表現を知らないと、自分の考えを伝えることができません。また、間違えたら恥ずかしい、などの不安感もアウトプットの妨げとなります。それらを克服する「コツ」は?

その3. 生徒が苦労なく話せる工夫をする。

生徒の多くは、自分の言いたいことを英語ですんなりと言い表すことには苦労します。「こう言いたいけど言えない!」とか、「これって英語でどう言えばいいの?」とか、「単語がわからない!」など、ストレスの塊となってしまいますね。そこで、教師が様々な意見のサンプルを用意し、それに対して、生徒がI agree. またはI disagree.というだけで意見を示せるようにするのも一つの案です。または、いくつかのサンプルから自分の意見に一番近いものを選ばせる事もできます。これなら、文を一から産出しなくて良いので、ハードルがぐっと下がります。生徒はサンプルの一部をつなぎ合わせたり、補ったりして自分の意見をまとめることもできます。(勘の良い方は、アウトプットの活動でありながら実は知らず知らずのうちにインプットをしていることにお気づきでしょう) できれば、先程述べたユニークなスタンスの論点を示す短い会話、モノローグ、記事文などをできるだけ簡単な英語を用いて作成するとよいでしょう。その教材自体が、意見を述べる際に利用できる表現や文章をたくさん含んでいるのが理想的です。テキストの中に英語のヘルプがあることで、生徒はあまりフラストレーションを感じずに意見が言えるのです。 このように「足場がけ」(scaffolding)をすると、とりあえず相手に自分の意見を伝えることができ、大きなストレスなく、コミュニケーションが成立します。相手の意見を知ることができ、楽しい活動となります。 また、生徒が不安やストレスを感じないように、いきなり教師やクラス全体に意見を伝えることは避け、まず各自がサンプル意見を見て選ぶ、などの個人作業をしたあとで、ペアワークをして伝え合い、必要があればそのあとグループで、などのように、無理のない進め方をします。「意見」なので、正しい答・間違った答えがないことも、安心して話せる要因の一つですね。

まとめ

興味のあるトピックで、インパクトのある論点であれば、生徒は思わず意見を言いたくなります。そこに、語学力を補い不安を取り除く工夫があれば、生徒は英語力にかかわらず、知的レベルに見合った、意味のあるコミュニケーションを楽しむことができます。同時に思考・判断力も養えますし、社会問題に目を向けさせることもできますね。ぜひ試してみてください。 ちなみに、私のクラスでいつも大盛り上がりになるトピックは、「デート代は、男が払うか女が払うか」「男女間に友情は成立するか」「美容整形はありか」「国際結婚はするべきか」などです。先学期は、「プラスチックごみ問題」にとても関心が集まりました。皆さんのクラスでは、どんな話題が人気となるでしょうか。

山中純子先生について

大学や専門学校で長年英語指導に携わってきたベテラン講師。Impact Issues共著者であり、多数のEFL関連書を著作。言語指導者や学習者を対象にプレゼンテーションやワークショップを数多く行っており、関心分野は批判的思考力の養成、討論能力、リーディング指導、多読の普及など。現在は愛知学院大学と中京大学で教鞭を取っている。

プレゼンテーションのクラスにおすすめのコースブック

FacebookTwitter

新学年の始めにぴったり!5つのスピーキングアクティビティ

これから始まる新学年、新しいクラス、新しい生徒たちとの出会いが待っています。授業初日は、生徒たちと触れ合い、これからの方針を伝えるチャンス。1年の幸先の良いスタートを切る事が重要です。 今回ご紹介する5つのスピーキングアクティビティは、生徒たちの関心や英語のレベルを探るのに役立つと同時に、生徒たちにとってもクラスメイトと交流して良い関係を築くきっかけとなり、快調なスタートを切ることができます。

1. ボール送りゲーム

ボールを使ったゲームは、生徒がゲームを楽しみながら緊張をほぐし、英語を思い出すようにするためにもってこいです。体を使ったアクティビティの最中は言語面だけを意識せずに済むので、プレッシャーから解放されるのです。
  • 授業が始まる前に、生徒に答えさせたい質問をいくつか用意しておきます。初対面の生徒たちには、「好きなもの」「嫌いなもの」「趣味」などを尋ねる質問を選びます。生徒同士前からお互いを知っている場合は、お休み中の体験に関する質問も良いでしょう。
  • 生徒たちは教室の床で円になって座り、ボールを転がしたり投げながら、先生が準備してきた質問をお互いに訊いたり答えたりします。
  • 生徒が見ながら質問できるよう、質問を掲示しておきましょう。ボールを持っている生徒は質問をしてボールを投げ、受け取った生徒は質問に答えます。
ヒント: 質問を掲示しておく代わりに、全質問を書いたルーレットを各グループに一つずつ渡し、担当の生徒がボールをパスするごとにルーレットを回転させる、というやり方もあります。 他にも、色分けされたビーチボールを使い、各色の部分に質問を書いておいて、生徒に色を選ばせてもいいでしょう。

2. 「ピザとパスタ、どっちがいいの?」

英語圏ではパーティの定番ゲーム「Would you rather…?(どっちの方がいい?)」の簡易バージョンです。先生は2つの選択肢がある質問を投げかけ、生徒が好きなほうを選ぶ、というものです。
  • 生徒たちを教室の真ん中で一列に並ばせます。クラスの人数が多い場合は、廊下を使うと良いでしょう。
  • 先生は「ピザとパスタ、どっちが好き?」などの質問を投げかけ、選択肢ごとに右か左を指差します。考える時間を数秒間与えた後、生徒たちは自分の選んだ答えにしたがい右と左に分かれます。
  • 次に、前の生徒がすぐ後ろの生徒に自分の選んだ答えについて説明します。列の最後で1人余るときは3人組にします。年齢の低い生徒なら、「I like pizza.」など、自分の選択肢を英語で言うだけでいいでしょう。
ヒント質問が終わるたびに最前列の生徒が後ろに移動するようにすると、毎回違う生徒同士組むようにできます。

3. 友達探しビンゴ

このアクティビティは 「Find someone who… (当てはまる人探し)」をアレンジしたもので、生徒のレベルに合わせた応用もできます。
  • 3マス×3マスの線を引いたビンゴ用紙のプリントを作ります。それぞれのマスには、少なくとも生徒の1人は当てはまりそうな内容(例:「3月生まれ」「夏休みにアメリカに行った」「『スター・ウォーズ』ファン」)を書きます。
  • プリントを生徒全員に配ります。生徒はクラスを歩き回ってそれぞれのマスの内容について質問をし合い、「Yes」という答える子が見つかったらマスにバツを書いて潰し、別の子に質問します。
  • 全マスを攻略した生徒が優勝です。
ヒント: 生徒のレベルが高いクラスでは、マスの数を増やすか、自分でマスを埋めさせます。レベルの低いクラスでは、マスに言葉ではなく絵を入れておき「Do you like …?という質問に絞る、というやり方もできます。 ビンゴ用紙のサンプルはこちら

4. 共通点と相違点探し

2人組で質問をし合い、お互いの共通点と相違点を見つけ出すスピーキング&ライティングアクティビティです。
  • 2つの円を交差させた「ベン図(下図参照) 」を大きく印刷したプリントを用意しておき、1組に1枚配ります。もしくは、生徒たちでノートに手描きでベン図を描かせてもいいでしょう。
  • 2人組になって、下記のような質疑応答をします。
    生徒A: Do you have a pet? 生徒B: I have a dog. 生徒A: I have a cat. That’s different.
  • 生徒たちは図の中に単語や短い語句を書き込みます。5~10分で完成させるように指示しましょう。
  • 次に4人組になり、各自仲間と発見を共有します。(例:「My birthday is in May but Luisa’s birthday is in August.」)

5. なりきりアクティビティ

生徒の中には、知らない相手には自分の話をなかなかしたがらない子もいます。恥ずかしがりだったり自信がなかったり、新しいクラスの子にどう思われるかを気にしたりと、特に思春期手前の生徒に多い傾向です。そんな状況への対処方法として、キャラ設定をしたアイスブレイク用アクティビティはいかがでしょうか。
  • 生徒に、新しい、架空のキャラ作りをさせます。名前、年齢、国籍に始まり、家族構成や趣味・関心、性格まで、すべてを作り上げます。
  • 生徒の想像力をかき立てるため、写真を何枚か用意します。生徒は漫画の登場人物を選んでもいいですし、キャラを完全に創作してもいいでしょう。
  • キャラ作りができたら、その役柄になりきります。
  • パーティーに出席し、たくさんの素敵な人々と出会う、という状況設定をします。BGMを流し、生徒たちは教室内を歩き回って周りに自己紹介をします。質問を交わし、雑談をして、できる限りお互いのことを聞き出します。

ヒント: 生徒が自分のキャラになりきるための帽子、メガネ、カツラなどの小道具や衣装を用意しておく(もしくは生徒に持参させる)と、アクティビティがさらに楽しいものになります。

作者: Joanna Wiseman (ジョアンナ・ワイズマン)、Primary マーケティング・マネージャー 、Pearson English

関連リンク

FacebookTwitter

「Big」な質問から始めよう

「Go」という言葉から、どうやって生徒に興味を持たせられるだろうか — 新しいトピックや課題を紹介しようというとき、どこの国の先生方も、そんな自問自答をすることでしょう。本記事のタイトルからお気づきかもしれませんが、今回のテーマは「質問のしかた」です。
何かをそのまま述べるだけよりも、質問にすることでさらに会話や刺激が生まれるもの、そう普段の人間関係から実感している方もいるかもしれません。では、もう少し突き詰めて考えてみましょう。次の2つの話し方を聞いた生徒は以下のどの返答をするでしょうか? A) 今週のテーマは、「宇宙開発」です。 B) 宇宙を開発することは大事だと思いますか? 生徒の反応:
  • 賛成意見または反対意見を表明できる:A or B
  • 知識に基づき、トピックについて会話を始められる:A or B
  • 自分の意見には価値があると感じる:A or B
  • トピックについて、自分も意見を言えると思う:A or B
  • このトピックは先生が進めるのだろうと思う:A or B
質問文のほうが断定文よりも生徒を引きつけることは明らかですね。生徒たちは想像力を働かせ、反応も良くなり、深く考えるようになります。 ただし、どんな質問文でもいいというわけではありません。生徒を考えさせ、会話につながる質問もありますが、単純なイエスかノーで終わってしまい、後が続かない質問もあります。 そこでおすすめなのが、「Big」な問題についての「Big」な質問です。このタイプの質問は、会話や学びを続かせます。

そもそも、「Big」な質問とは?

「Bigな質問」には正解がなく、アイデアや意見が湧くきっかけになります。また、授業でこれからこのトピックを扱い、新しい情報を学び、そして知識をシェアし合うのだ、という認識を生徒に与えます。 では次の質問の中で、どれが「Bigな質問」だと思いますか? 生徒が最も関心を持ちそうな質問はどれだと思いますか?
  • 家では電気を使っている?
  • 電気はどこから来ているの?
  • 「ヒーロー」の条件とは?
  • あなたの好きなスーパーヒーローのキャラクターは?
  • どうして学校に行くの?
  • 学校は好き?
  • 地元は田舎? それとも都会?
  • どうして人々は都市に住むの?

「Bigな質問」を使ってトピックを紹介した後は?

「Bigな質問」をした後は、生徒たちがもっと積極的になり、進んで発言し、ただし場を独占しない程度に見せ場を持つようにしなければなりません。ですから、生徒に様々な形で答える機会を作ることをおすすめします。例えば、こんな指示ができます:
  • メモを取る
  • 絵を描く
  • グループや二人組で話し合う
  • 一人ずつ、クラス全員の前で話す
他にもおすすめなのが、掲示板の利用です。「Bigな質問」を掲示しておき、生徒たちに、自分の描いた絵、メモやアイデアを加えてもらう、という使い方ができます。「Bigな質問」には完全な、簡単な答えは存在しないため、生徒には途中でアイデアや意見を修正しても、新しく足してもいいのだと念を押しておきましょう。 よく考え、思いつくままに意見を変えたり、アイデアを試したり、議論の題材を提案したりしてもいいのだという意識は、思考力の成長に欠かせません。 最初からすべてうまくいく必要はない、と生徒に伝えることも重要です。思い違いをして発言した後に、考え直してもいいのです。「Bigな質問」も、工作や、共同制作作品のようなものだと考えてみましょう。小さなアイデアであれ大きなアイデアであれ、好きなように表現させてあげましょう。

思考や知識を培うには?

「Bigな質問」を答えやすくするには、刺激や情報、事実やアイデアといった材料を使って、生徒が知識を広め、意識を高める補助をしてあげる必要があります。 方法はたくさんあります。例えば、先に紹介した「Bigな質問」のうち「電気はどこから来ているの?」であれば、太陽や、風力・水力発電についての話をしてもいいでしょう。化石燃料の発掘についてや、化石燃料はなぜ再生が難しいのかについて、でもいいかもしれません。 そうすると、自分が、どんな資源から生まれた電力をどう使っているのか、環境への意識を高めることはできるのか、どうしたら可能になるのか、など考えるきっかけになります。 こういうアクティビティは、段階を踏んで進めることが大事です。「太陽」をサブトピックに選んだら、こんなふうに話題を掘り下げてみてもいいでしょう:
  • 太陽とは何か? 太陽は何からできているの?
  • 太陽が地球にもたらしているものとは? 太陽の光はどのように利用されているの?
  • 太陽エネルギーは、生活や産業でどんなふうに活用されているの?
  • 太陽エネルギーは再生可能なの?再生できる自然エネルギー源には他に何があるの?
  • 再生可能エネルギーを使うといい・必要なのはなぜ?
年齢の低い生徒向けの「Bigな質問」についても考えてみましょう。例えば、「どうして学校に行くの?」なら、こういう掘り下げ方をしてもいいでしょう:
  • 学校ではどんな授業があるの?
  • 好きな科目は何?
  • どうして算数を習うの?
  • 学校以外で算数を使うことはある? いつ、どこで、どうやって使うの?
  • 他の科目は、学校の外でどんな風に使えるの?
  • 勉強以外には、学校でどんなことをしているの?
  • クラスの子と一緒にいるのは好き? 一人でいたいこともある?
  • 一日中家にいても、学校でしていることを全部できると思う?
  • この先学校でやってみたいことは何?

時間をかけてゆっくりと

「Bigな質問」は、リーディング、ライティング、スピーキングなどの技能の練習にもなりますが、「Bigな質問」を使って新しい単語や文法を教えることもできます。ですから、あせらずゆっくりと進めましょう。量は少なめでも、時間をかけて生徒が学習内容をすべて吸収する時間を与えるほうが得策です。教科書を使うのは結構ですが、進度を気にする必要はありません。どんな話題であっても、さっさと通り過ぎてしまうよりも深く掘り下げて学ぶほうが満足感を得られるものです。何よりも、そうすることで楽しく、記憶に残る授業になるのですから。

About Jeanne Perrett

ジーン・ペレット先生はサセックス大学英文科卒、1981年からギリシャ在住。35年以上にわたり教師、校長、発行人、ライターとして言語教育業界に携わり、著者としても著名な幼児や児童向けのEFLシリーズをいくつも手がける。児童英語コース『Now I Know!』シリーズの共著者でもある。世界中の英語教師を教え、英語教育カンファレンスでも多数講演。4人の子を育て、今では5人の孫を持つという実践的な経験も生かしている。

関連リンク

FacebookTwitter

子どもにも学びが「見える」教え方

現代社会では、睡眠の質から車の運転の技術に至るまで、生活のありとあらゆる側面を確認することができます。学校もこの例外ではなく、保護者から学校経営者、政府までが児童の学習状況について多大な関心を寄せています。 生徒の学習進捗把握にこれまで以上の時間を割くことや報告書を書くこと、保護者を安心させることなど、多くの役割が期待され多忙を極める先生方も多いことでしょう。もちろん、上達を確認することは成功を讃えることに繋がり、ポジティブな効果があります。でも、私たちはこの中で最も大切な「子どもたち自身」を忘れていないでしょうか?

学習者のニーズに合わせた指導のその先へ

子どもの英語指導者は、学習者のニーズに応えることに秀でていますので、楽しめる要素—ゲームや歌やお話、課題に工作などが盛りだくさんの授業を計画します。だからこそ、いっそう子ども側は自分がどんなにたくさんのことを学んでいるのか、全く気づいていないということも珍しくありません。 「今日は何を学んだの?」と問いかけると、口を揃えて「別に何も」と答える子どもたち—そんな歯がゆい場面に心当たりのある先生も多いはずです。何も学んでいないわけがないのですから!文法、語彙、リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングを教えていますし、子どもに言動を意識させ、手足や指先を動かすことも授業の一環です。学習ストラテジーやデジタルリテラシーを養い、さらに協働・自立作業の機会も与え、他にももっとたくさんのことを学んでいるはずなのです。 「別に何も」という答えではなく、生徒が「授業で何をしたのか」そのまま挙げられるように、やり方を工夫してみてはどうでしょうか。これは難しいどころか、関係者全員にとって有益なことでもあります。子ども自身が「学習過程に関わる」と、本人の達成するレベルも高まるという研究結果も出ています。ここでの「学習過程に関わる」とは、何を学習しているのか、どうやって学習しているのか、そして先生に期待されていることは何か、子どもが自覚することも含まれます。 「自覚」は、21世紀を生き抜く上で必要不可欠な能力の1つです。私たち教師にとっては、子どもが自身の学びに気づき、理解し、それを自ら口に出すよう促せば、保護者に対して子どもが遅れずついて行っていることを納得させられる、ということも大事なポイントです。 以上を踏まえて、子どもの英語クラスにおいて学びが「見える」ようになるためのコツをいくつかご紹介します。

1. レッスンメニューを使う

授業の始まりと終わりに、子どもたちに「レッスンメニュー」を見せ、これを使ってその日の授業について説明します。これを「Can-Do」項目の形で書くと、その日学習したことを子どもに意識させるのに特に効果的です。 「Can-Do」項目に対し、授業の始まりに子どもたちが「Yes」「No」(または親指を立てる/下げるなどの動作で示す)で答えてもらい、子どもが既に知っていることは何か、どこに知識の差があるのかを把握しましょう。そうすれば、生徒が本当に勉強する必要がある内容に貴重な授業時間を充てることができます。 そして、授業が終わるまでには、子どもたちは「Can-Do」項目のうちいくつかには「Yes」と答えられるようになっているはずです。生徒が「Yes」と答えない場合、次の授業の課題が何か、自ずとわかりますよね。 レッスンメニューは、子どもの関心を授業内容に向けることができますし、子どもに大いに安心感を与えます。授業の進度を把握することで、自分の学習に対する責任感と自主性が生まれるからです。 最後に、授業の終わりに何を学んだのかを話すことで、子どもたちは帰って保護者に今までよりもっと上手に同じ情報を伝えられるようになるという効果もあります。

2. 成功条件を示す

子どもの学習者は、アクティビティを終わらせるのに最短ルートを辿ろうとする傾向があります。1単語で答えたり、不完全な答えを言ったり、憶測で答えたり、これではアクティビティの効果が中途半端になってしまうことも多いでしょう。そこで役立つのが「成功条件」です。 「成功条件」とは、要は指示の延長です。アクティビティを成功させるのに何をすればいいのかをはっきりと示すもので、どんなタスクにも使えます。ここで、何を以って「成功」とするのか手本として見せる際に、生徒たちの助けも借りるようにできれば理想的です。 ハガキを書くというアクティビティであれば、見本となるハガキを見せて、どの要素が重要なのかを生徒たちに自分で考えさせるようにします。プレゼンテーションであれば、どんな例を見せるかを考えましょう。必ずしも良い例を見せる必要はありません。悪い例も、避けるべき行動は何かを教えるのには非常に効果的な場合もあります。 アクティビティの後で、生徒たちは自分の進捗を振り返ったり、2人組で評価し合ったりする際に「成功条件」を参考にします。先生側も、「成功条件」を元に、生徒にとって有意義な、詳しいフィードバックを与えることができます。

3. その都度、継続して評価する

生徒を評価するのに、学期の終わりまで待つ必要はありません。私たち教師は生徒を常に観察しています。気づいたことをその都度記録しておくことで、生徒の強みや努力が必要な部分について理解するにあたり鍵となる情報が得られるうえ、長期的には時間の節約にもなります。 子ども学習者の場合、言語面だけではなく、行動面や発達面での目標も意識しておく必要があります。例えば単独作業、グループ作業、独創的思考や批判的思考、ストレスへの対処などです。 褒めるべき時に褒めることは、子どものやる気を大きく刺激します。様々な条件を広く考慮すれば、どんな子どもでも、その子自身の学習の中で褒められるところがあるものです。ここで大事なのは、子ども一人一人を個別の人間として見ることです。そうすれば、子どもと子どもを比較してしまったり、意図せずに言語能力で順位を付けてしまったりといったことを避けられます。 こちらのチェックリストを、その都度生徒に評価を付け、継続して観察するのに使ってみてください: Continuous assessment checklist

以上、子どもを教えるにあたり、学びが「目に見える」ようにするアイデアをいくつかご紹介しました。 参考資料:
Hattie, J. (2012). Visible learning for teachers. Maximising impact on learning. Routledge.

About Amanda Davies

アマンダ・デイヴィス先生は児童英語教育アカデミックマネジメントでも長く経験を積んだ、経験豊富な教師、教師指導者、教材開発者、著者であり、編集者でもある。子ども英語教師の職能開発に熱心に関わっており、カンファレンスでの発表や、記事やブログの執筆、対面そしてオンラインでの教師研修を定期的に行なう。子どもの外国語学習プログラムを専門とする国際教育コンサルタントでもある。ポーランド在住で、英国、ロシア、スペイン、レバノン、エジプト、トルクメニスタンでの実績を持つ。IATEFL Young Learners and Teenagers Special Interest Groupの出版物編集者。

関連リンク

FacebookTwitter

コースブック・CAN-DOリスト・ポジティブピアプレッシャーでプレゼンテーション能力の向上を図る

私たちの高校は、文部科学省が行った平成29年度英語教育改善のための英語力調査において、読解、リスニング、ライティングの分野がほぼ全国平均スコアと横並びの状態です。ところが、英会話では全国平均が5.7(14点満点中)であるのに対し、本校のスコアは11.7を達成しました。非常に喜ばしい状況です。しかしながら、このスコアはいかにして達成されたのでしょうか?
教科書 教科書の価値に確信を持てない教師が多くいますが、優れた教科書はコースの骨組みとなり、教師の仕事を充実したものへと導きます。さらに、CAN-DOリストが考慮された(CEFRやGSEなどで普及した)コースでは、教師と生徒が明確な目標に向けて集中して取り組むことができます。本校では現在、English Firsthandを使用しています。この教科書は生徒がすぐに実施することができる適切で高品質なアクティビティが提供されているので非常に便利です。さらに、オーディオには様々な英語のアクセントが含まれており、レッスンの目的も明確に記述されていて、レッスンの順序も論理的に構成されています。モバイル操作に慣れている生徒たちは、オンライン教材MyMobileWorldを使用して、教室の外でも発音やその他のスキルの勉強をすることができます。 生徒のプレゼンテーション 私たちにとって特に興味深かったのは、English Firsthandの Presentation Modelです。この教材では、生徒は様々なトピックについてプレゼンテーションを作成する方法をビデオモデルで見ることができ、生徒自身でプレゼンテーションを作成するためのサポートも提供されています。また、モデルは、自然で作り過ぎないレベルのパフォーマンスであり、生徒がアプローチし易いようです。 本校では、まずリハーサルとして生徒10名でグループをつくり、生徒たちは順番でプレゼンター、アドバイザー、エバリュエーター、タイマーとなります。また、生徒がプレゼンテーションを計画するために、ローテーションスケジュールと評価シートを準備しています。生徒がアドバイスと評価をすべて集め終わると、生徒は他の生徒からの評価を用いて、プレゼンテーションの問題点を改善します。自主練習期間を経て、本番で生徒たちは熟慮されたプレゼンテーションを発表することができるのです。
Role Rolling Model
Role Rolling Model
CAN-DOリストと生徒のプレゼンテーション 生徒がプレゼンテーションを行うにあたり、本校ではCan-Doリストとスピーチを直接結び付けて、英語で活動する能力を具体化できるようにしています。ここで重要なことは、生徒たちは各自が選択したCAN-DO目標を共有し、他の生徒はプレゼンターである生徒が選択した目標に基づいてアドバイスや評価を行います。 本校のクラスでは、生徒が他の生徒たちとプレゼンテーションの準備を始める前に、良いプレゼンテーションの明確なモデルについて学びます。その後で、生徒はプレゼンテーションを作成し、他の生徒からアドバイスをもらい、評価を受けます。プレゼンテーションが完了した生徒は、もう一度プレゼンターになる順番が来るまでアドバイザーやエバリュエーターとして参加します。 生徒たちは、プレゼンターとしてだけでなく、アドバイザーやエバリュエーターの役割を通して、ボディランゲージ、アイコンタクト、自信、スピーチの聞き取りやすさ、考えの構成、ビジュアルエイドなどのようなプレゼンテーションスキルをより徹底的に学ぶことができます。
Evaluation Sheet Example
Evaluation Sheet Example
結論 Can-Doリストを中核としたコミュニケーションに特化した教材を使用し、生徒同士でアドバイザーやエバリュエーターの役割も担いながら、プレゼンテーションを徹底的に繰り返し練習することで、本校の生徒の英会話能力と自信が大幅に向上しました。

関連リンク

FacebookTwitter