English For Academic Purposes — 先生方の声

Pearson's English for Academic Purposes

Using Contemporary Topics

関西学院大学 社会学部 森 康俊先生


関西学院大学社会学部は2016年度入学生から教育課程を大幅に見直した。その中で、言語教育科目(必修科目)の英語についても、抜本的な改革を行った。数多ある国内外の教科書からContemporary Topicsを、社会学部1年生の全30クラスの統一教科書として採用した理由は、以下の5点である。
  1. 社会学を中心とした人文・社会科学のディシプリン毎のテーマ・話題が各単元となっていること
  2. 「スーパーグローバル大学創成支援」事業採択校として、英語圏への留学者増加を念頭におき、聴解力向上を目的とするのに優れた構成となっていること
  3. 入学定員650名のさまざまな水準に対応できる4レベルからシリーズが構成されていること
  4. DVD、CD、教員用パックなど周辺教材が充実していること
  5. 学生向けにストリーミング配信で映像素材が提供されること
(1)については、教授会で、英語教育を行う理由として、一般的な英語力、卒業後に企業などに勤務する上で必要とされる英語力を目指すよりも、学術目的を明確に打ち出すべきであるという意見が出された。具体的には、Sociology in Englishという英語で社会学を学ぶ科目を開講することもふまえ、専門教育につながるコンテンツを含む教科書を選定する必要があった。本学では、英語教育で学部の統一的方針を実現するのは、いくつかの理由から困難な状況であったが、これまでのように個々の担当教員の裁量に任せる授業ではなく、学部でしっかりとした方針を立てて、専任教員と非常勤講師が共にその実現に取り組むという体制が漸くできた。

(2)と(3)については、英語教育は通常学生の4技能(聞く、話す、読む、書く)をそれぞれ伸ばすことを目標としているが、週2コマの授業のみで達成するには自ずと限界があることも事実である。そこで、新教育課程においては、留学を視野に入れた学力層においては「聴解力の構築」、平均的な学生には「読解力の再構築」を新しい目標とすることとした。英語と社会学を別のものとして学ぶのではなく、上位層において、英語で社会学を学ぶことを成立させるには、学術文献を読む力についても、学生がかつて20年前、30年前に保っていた水準まで回復することも重要である。このことは一見、後ろ向きの姿勢と誤解を招くおそれもあるが、社会学部にとって、非常に挑戦的なことである。学術的な目標を掲げて英語を教え/学ぶ体制を再構築するには、何かを捨て何かに集中しなければならない。聴解力向上が中心的なセールスポイントであるContemporary Topicsを活用し、学術的な背景知識の向上と読解力の再構築をあわせてはかっていきたい。



 
 

Contemporary Topics

 
Contemporary Topics シリーズは、考古学、人類学、経済学などのアカデミックなトピックを取り上げたレクチャーを収録したリスニング教材です。リスニング、スピーキング、ノートのとり方などの幅広いスキルの演習を通じて、大学レベルの講義に対応できる実力を身につけるお手伝いをします。

CDとDVDに収録された講義は、学生を前にして行われているアカデミックな設定で、実際に講義を受けているような臨場感に溢れた雰囲気で学習できるようになっています。



採用見本のご請求はこちらから:
Level 1 (4th Edition)
Level 2 (4th Edition)
Level 3 (4th Edition)
Introductory (3rd Edition)
FacebookTwitter

English For Academic Purposes — 先生方の声

Pearson's English for Academic Purposes

Using “Longman Academic Writing Series”

関西大学外国語学部 植木 美千子 准教授関西大学外国語学部 植木 美千子 准教授


私は、前赴任校である、お茶の水女子大学1年生の必修授業でLongman Academic Writing Series 3を使いました。

本テキストは、パラグラフライティングから始まり、様々なスタイルのパラグラフを書くことを通して、最終的にはエッセイライティングへと繋げていくという形式になっています。

最初のチャプターでは、どのようなレイアウトでライティングすべきか、さらにはライティングの際のアイディアの出し方、例えば、ブレインストーミングの方法などが紹介されています。とても初歩的のように聞こえますが、学生からはこれまでに「アカデミック基礎の基礎」を明示的に教えてもらったことがない、という声が多く、しっかりと「ウォームアップ」させることができました。

また、後続するパラグラフライティングのチャプターも要点が丁寧にまとめられています。毎チャプター、いろんな種類のパラグラフライティングが紹介されており、どのような要素が書かれるべきかや、文章の流れを円滑にする表現などが明示的に導入されています。その後、内容に関連した練習問題がテンポ良く続きます。このような流れが学生の次のステップへの大きな「ジャンプ」への「助走」になるのですが、これには、授業の流れがとても良くなるというメリットがある分、テンポが良すぎて、学生の理解も流れやすいとデメリットがあると感じたことがありました。

そのため私は、学生には「なぜその答えを選んだのか」、「どのような根拠でその答えになるのか」という問いかけをよく行い、ペアワークやグループワークでディスカッション等を頻繁に取り入れました。これについては、授業後の学生アンケートから、「学んだことを一度立ち止まって考える機会が、漠然とした理解からより明快な理解につながるきっかけになった」や、「自分がライティングする時に、どんな要素を入れて書くべきか、ということが分かっていたので、やりやすかった」という声が多くありました。そのため私個人としては、この教科書を使うにあたり、いかにリフレクション(振り返り)の機会を設け、理解を促していくことが、学生が次のステップへ大きく「ジャンプ」するにあたり、重要になると感じています。

加えて、各チャプターの最後に設けられているフリーライティングのテーマがユニークなものが多く、学生のそれぞれの個性が出るライティングになりやすいです。そのため、ピアレビューが毎回とても盛り上がりました。もちろん私も楽しみながら学生のライティングをチェックしていました。 

このようにLongman Academic Writing Series 3は、パラグラフライティングの基礎をしっかり学べるようにチャプター構成や練習問題が配置されています。また一方で学生が楽しみつつ、書けるようなライティングトピックも設けられており、とてもバランスの良い教科書だと思います。多くの先生に是非活用していただきたいなと思える一冊です。



 

Longman Academic Writing シリーズ

 
Longman Academic Writing シリーズアカデミックな英語を書く力を養う5レベルのシリーズです。Step by Stepなアプローチで、パラグラフ構成からエッセイを書くためのスキルまで幅広く習得できます。ライティングに必要な知識やルールも網羅。大学・大学院レベルの書く力を養うテキストとして最適です。











採用見本のご請求はこちらから:Level 1 | Level 2 |  Level 3 | Level 4 | Level 5
FacebookTwitter

English For Academic Purposes — 先生方の声

Pearson's English for Academic Purposes

Using “Longman Academic Reading Series 4: Reading Skills for College”

岡山大学 基幹教育センター 五十嵐 潤美先生

Longman Academic Reading Series 4: Reading Skills for Collegeを2015年に大学二回生のリーディングクラスで使用しました。大学生が必要とするアカデミックリーディングスキルを教えるのに適したテキストブックだと思います。一般的なリーディング教材は学生の興味を引き付けるようなオンライン記事やメール文書などが含まれていて、楽しく学ぶ工夫はあるのですが、アカデミック英語からは少し離れます。それに対し、このテキストのリーディングは、大学生なら教養課程の中で読んでおくべき学者や思想家、芸術家の著作から抜粋されています。例えば Margaret Mead, Susan Sontag, Leo Tolstoy, Eric Kandel, Jared Diamond, E.M.Forster, Sigmund Freud, Stephen Jay Gould, Amitav Ghosh, Hannah Arendtなど分野も偏りがありません。

彼らの著作に英語テキストの中で触れておくことは学生にとって多くのメリットがあります。

第一に、これらの著者の本はほとんどが日本語で翻訳出版されており、日本の学生たちは大学の一般教養や専門科目の授業の中で、これらの名前に触れる機会が必ずあるでしょう。それが、この英語の授業を受ける前であれば、これらは既知の名前として内容の理解も深くなり、その著作をもっと英語で読むように促すことができます。また、この英語授業の数年後にこれらの著作に出会う場合も、一度英語の教科書で読んだことがあれば、一層の興味を持って読むことができるでしょう。このような点と点がつながるような体験は大学生の学習過程に、知的な刺激を与えてくれると思います。

もう一つの利点は、英語を母語としない人の英語著作や、良質な英語翻訳が含まれていることです。リーディング教材を英語母語者の著作に限定すると、英語圏の文化的なバイアスやイデオロギーが、教科書に潜在的に入り込んでしまう危険性があります。世界には、英語を母語とはしないが学術的な活動を部分的に英語で行うという人の方が圧倒的に多いし、私の学生たちもまさにそのような人たちです。彼らには、英語母語者以外の英語著作を読む必要がある機会は多くあると考えられます。英語母語者が書いてはいても、内容の薄い教科書が数多く流通する昨今、英語の教科書にこのような英語を母語としない人の書いた、高度な内容のものも含めたという編者の選択には感動を覚えます。

最後にもう一点、この教科書の使いやすさを指摘しておきます。各チャプターには一つのテーマのもとに、三つのリーディングが集められています。つまり三つの異なる視点が与えられているのです。このことが読後のディスカッションを活性化してくれました。三つのうち、どの視点に最も共感するか、などの簡単な質問から始めると、ディスカッションが苦手な学生でも、発言しやすくなります。また、共感できない視点に対して反論してみてください、と促すと、学生の議論も活発になりました。

以上のように、このテキストは、教員の準備・使い方次第で、内容の濃い授業を組み立てることができる優れた素材であると思っています。



 
 

Longman Academic Reading シリーズ

 
52000CoursePARENTアカデミックな英語を読む力を養う5レベルのシリーズです。関心の高いトピックを取り上げるとともに、語彙力、ノートのとり方や批判的思考力を学習します。さらにChapter毎の巻末ではテーマに関連したディスカッションやライティングコーナーを設け、学習者の総合的な英語力の向上を図ります。指導者の方について学習するテキストとなっておりますので、解答はついておりませんのでご注意ください。大学・大学院レベルの英語文献読解力を養うテキストとして最適です。





採用見本のご請求はこちらから:Level 1 | Level 2 |  Level 3 | Level 4 | Level 5
FacebookTwitter

English For Academic Purposes — 先生方の声

Pearson's English for Academic Purposes

Using “Contemporary Topics”

Masashi Takemura, Professor Department of English, Hokusei Gakuen University Junior College 北星学園大学短期大学部 英文学部 竹村 雅史教授

1. 本書との出会いは?

新任地に赴任するなり、リスニング科目を担当することになり、2年生向けに相応しい教材がないかカタログを見ていたところ、この“Contemporary Topics Series”が目に入ってきました。というのは、サブタイトルに“Academic Listening and Note-Taking”とあり、他にこのようなタイトルは見かけませんでした。Note-takingは学生に力をつけさせることができるのではないかと思い、サンプルを見て決めました。


2. 本書の使用期間は?

この“Contemporary Topics series”は赴任して以来7年間使用しています。これを超えるテキストが出てくれば、比較検討しますが、今のところそれはなさそうです。


3. 本書をどのような授業で使用していますか?

授業は選択科目で、例年35名程の学生が受講してくれています。このシリーズの“Topics 1”(紫)は前期に、“Topics 2”(緑)は後期に使用しています。付属のDVD教材の完成度が高いので、CALL教室で授業を行っています。


4. 本書のおすすめポイントは?

気に入っている理由は多々あります。 一つ目は、付属のDVD教材の完成度が高い点です。録画された各ユニット7分弱の模擬授業は実際の教室で行われ臨場感もあり、受講している学生は、まさにその中の他の学生達と一緒に授業を受けている感じがします。また、毎回登場する講師も専門性を持った講師でオーセンティックに作られています。我々教師がこれらの授業を全て準備することは不可能でしょう。

二つ目は、このシリーズは今流行の“a content-based approach”で作られ、各ユニットは、心理学、言語学、哲学、天文学、芸術など、バラエティに富んだアカデミックな内容で大学・短大生の興味・関心と一致している点です。現代の諸問題に関わるテーマなので、学生に考えさせ引きつける内容になっています。

三つ目は、ユニットは8つのステップからなり、易から難へ緩やかにトピックへ関われるように構成されています。教師の指導マニュアルも徹底され、その目的が明示されていて指導しやすいです。


5. 受講者の反応は?

学生は、BUILD YOUR VOCABULARY, TRY IT OUT, LISTEN FOR MAIN IDEASでヘッドフォンから流れてくる音声をシャドーイングします。最初の頃は、なかなか追いついていくことができませんが、徐々に何も見ないで英語を発せるようになるので、積極的に取り組んでいます。講義が自分の中に取り込めているのかもしれません。また、ビデオを見た後のNote-takingの達成感もあるのかもしれません。




 
 

Contemporary Topics

 
Contemporary Topics シリーズは、考古学、人類学、経済学などのアカデミックなトピックを取り上げたレクチャーを収録したリスニング教材です。リスニング、スピーキング、ノートのとり方などの幅広いスキルの演習を通じて、大学レベルの講義に対応できる実力を身につけるお手伝いをします。

CDとDVDに収録された講義は、学生を前にして行われているアカデミックな設定で、実際に講義を受けているような臨場感に溢れた雰囲気で学習できるようになっています。



採用見本のご請求はこちらから:
Level 1 (4th Edition)
Level 2 (4th Edition)
Level 3 (4th Edition)
Introductory (3rd Edition)
FacebookTwitter

Longman Academic Writing Series — Testimonials

Pearson's English for Academic Purposes

Using “Longman Academic Writing Series”

金沢大学 国際基幹教育院外国語教育系 根本 浩行 教授立命館大学文学部 コミュニケーション学域 国際コミュニケーション専攻 根本 浩行 教授

1. このテキストとの出会いは?

2007年から英語ライティング科目を担当することになり、いくつかの教科書を取り寄せました。その中で最も体系的にライティングへの取り組み方が解説されていたFirst Step in Academic Writing (旧版) を教科書に選び、使い始めたのがきっかけです。その後シリーズ2を1年生用に、シリーズ3、4を中・上級者用のアカデミックライティング用に、2nd edition、3rd editionと継続して使用してきました。


2. このテキストで最も気に入っている特徴は?

パラグラフおよびエッセイの構造がわかり易く説明されており、特定のトピックに基づいた練習問題やアクティビティが豊富に設けられているため、実際のコンテクストの中でライティングを実践させながら知識の構築を図ることができます。また、プロセス重視の指導にはちょうどいいテキストです。ブレインストーミングからアウトライン作成に至るまでのプロセスではプランニング能力の促進ができ、論理的思考力の向上に繋がります。パラグラフ作成段階では、演繹的な書き方に対する意識を高めさせ論理的な文章構成能力の育成を心がけています。このプロセスを繰り返し行わせることで、学術リテラシーの養成を視野に入れ指導に取り組んでいます。


3. このテキストを授業でどのように活用していますか?

グループワークを中心にプロセス型学習に取り組んでいます。例えば、課題作成の際にグループワークによる協働学習を導入し、ブレインストーミング、アウトライン、初稿、校正などを段階ごとに評価するようにしています。習熟度の異なる学生が混在する3〜4人のグループを作り協働学習をしていくことで、英語が苦手な学生は習熟度の高い学生からサポートを受けることが可能となります。また、習熟度の高い学生はより責任を持ってタスクに取り組み、アドバイス提供者として認知能力を高めていくことができます。このように、グループ活動を通して協働スキャフォールディングをさせるよう心がけています。さらに、段階ごとに教員からのフィードバックに基づいて修正を進めていくことができるため、逸脱を留意・評価し、その後の調整方法を考察させることによりタスク管理能力を向上させることも狙いの一つです。


4. 学生さんの反応や、授業効果を教えて下さい。

全て英語で書かれている教科書ということで最初は抵抗があるようですが、授業は章ごとにモデルパラグラフと練習問題を中心に進めていくため、一旦パラグラフ構造と作成プロセスに慣れれば、さほど困惑することなく楽しんでグループワークに取り組んでくれています。学生たちに一定の達成感を持たせることができるやりがいのある教科書です。



 

Longman Academic Writing シリーズ

 
Longman Academic Writing シリーズアカデミックな英語を書く力を養う5レベルのシリーズです。Step by Stepなアプローチで、パラグラフ構成からエッセイを書くためのスキルまで幅広く習得できます。ライティングに必要な知識やルールも網羅。大学・大学院レベルの書く力を養うテキストとして最適です。











採用見本のご請求はこちらから:Level 1 | Level 2 |  Level 3 | Level 4 | Level 5
FacebookTwitter

Longman Academic Reading Series — 先生方の声

Pearson's English for Academic Purposes

Using “Longman Academic Reading Series”

Maiko Ikeda, Professor, Kansai University関西大学外国語学部 池田真生子教授

1. 本書との出会いは?

本書との出会いは、2014年頃に学会ブースでご案内頂いた時だったように記憶しています。学習者からの「先生、どうやって英語を勉強したらよいですか?」という質問への答えとなるような学びの秘訣(学習方略)が、系統だって随所に提示されており、英語だけではなく学習者が授業外で自ら学ぶための力も養成できる希有な教材だとの印象を持ちました。


2. 本書の使用期間は?

実際の使用期間はようやく1年ですが、本書を使用するのに最適な、リーディングを主として総合的な英語能力を養成するための科目を昨年度から担当することとなり、使いはじめました。


3. 本書をどのような授業で使用していますか?

比較的英語を得意とする大学1年生のリーディング&ライティング中心の科目で、本書のレベル3を使用しています。受講者数は約25名です。毎週1回90分の授業で、春学期と秋学期の通年で1冊を使用しています。

各Chapterに同じテーマの読み物が3つ用意されており、1つの読み物を1回の授業で取り扱っています。語彙コーナーは、毎授業で実施する小テストとして出題し、個別学習の奨励に利用しています。受講者は、予習として事前に本文を読み、わからない箇所を授業で質問できるように準備します。授業では、その質問箇所を中心に、2〜4名程度のグループで話し合いながら、本文の内容理解を進めます。その後、文法や文化情報などの補足説明を必要に応じて加えながら、クラス全体で更なる本文理解へと繋げます。その後、Note Takingコーナーを利用したりしながら、本文の要点を制限時間内にまとめるライティング活動などに続けています。


4. 本書のおすすめポイントは?

上述の通り、学びの秘訣(学習方略)が系統だって随所で紹介されており、その秘訣を用いて本文を読むことで、読めるという自信を学習者が少しずつ持てるようになっています。また、取り扱われているテーマや文体も多岐にわたり(テーマ:ビジネスや心理学、栄養学、文学、美術史、歴史、教育学など。文体:文体も論説文、手記、手紙、新聞など)、さまざまな読み物に触れることができます。


5. 受講者の反応は?

受講生からは、幅広いテーマについて学ぶことができるだけではなく、1つのテーマについても異なる観点からのものを読むことで、複眼的な思考をもつことができると好評です。中にはこれまでまったく興味を持ったことのないテーマもあり、学び始めの頃は理解に苦労するケースも見られますが、1テーマを終えると知識の幅が拡がったと満足しています。



 
 

Longman Academic Reading シリーズ

 
52000CoursePARENTアカデミックな英語を読む力を養う5レベルのシリーズです。関心の高いトピックを取り上げるとともに、語彙力、ノートのとり方や批判的思考力を学習します。さらにChapter毎の巻末ではテーマに関連したディスカッションやライティングコーナーを設け、学習者の総合的な英語力の向上を図ります。指導者の方について学習するテキストとなっておりますので、解答はついておりませんのでご注意ください。大学・大学院レベルの英語文献読解力を養うテキストとして最適です。





採用見本のご請求はこちらから:Level 1 | Level 2 |  Level 3 | Level 4 | Level 5
FacebookTwitter

English For Academic Purposes — 先生方の声

Pearson's English for Academic Purposes

Using “Contemporary Topics”

大阪大学 西田理恵子准教授

rieko-nishidaContemporary Topics は、内容重視の学習方法を用いて、心理学・言語学・経営学・美術史・科学技術・メディアスタディー・生物学・天文学等、様々な分野の講義をDVDで視聴し学習をすることができるマルチメディア教材です。内容・言語を統合して学習していけるため、また、様々な分野に関する学習ができることから、人文学系・理工学部系・医療系の学生さん達に向けて講義をすることができ、幅広い英語学習者に対して応用することが可能です。

大阪大学の私の授業では、過去5年間にかけて主に1年生の実践英語を中心にこの教材を使用しています。授業では、まず単元に関わる単語学習を行います。その後、実際の DVDを視聴して、Note-taking を行い、学習した内容に関して教科書にあるListen for Main Ideas、Listen for Details を行いながら学生さん達の理解度の確認を行います。その日に習った単語のテストも授業の後半部分で行います。その後、単元に関わるディスカッショントピックを準備して、グループディスカッションをしたり、プレゼンテーションを行ったりすることが可能となる教材です。  

本学学部生の英語授業においては、Contemporary Topics が大変好評だと思います。実践英語のクラスサイズは約50名ですが、ソロ活動に加えて、ペア活動・グループ活動、ディスカッションのタスクを組込むため、授業全体が楽しく、また緊張感もあり、積極的に授業に参加をしていると思います。特に、DVDで視聴することができるというメリットや、DVDも字幕や Coaching Tips を使用する・しないを選択することができるため、学習者の理解度やニーズに応じて「足場をかける」ことが可能となります。英語に挑戦していきたい学生さん達は字幕に頼ることを希望しません。  

このように、Contemporary Topics は大学英語学習者にとって有意義なマルチメディア教材であり、内容・言語を統合して学習していくことができることから、学生さん達の興味関心・知的好奇心を高めることができる非常に優れた教材です。授業を効果的に進めることができるという点からも本教材を推薦したいと思います。  


 
 

Contemporary Topics

 
Contemporary Topics シリーズは、考古学、人類学、経済学などのアカデミックなトピックを取り上げたレクチャーを収録したリスニング教材です。リスニング、スピーキング、ノートのとり方などの幅広いスキルの演習を通じて、大学レベルの講義に対応できる実力を身につけるお手伝いをします。

CDとDVDに収録された講義は、学生を前にして行われているアカデミックな設定で、実際に講義を受けているような臨場感に溢れた雰囲気で学習できるようになっています。



採用見本のご請求はこちらから:
Level 1 (4th Edition)
Level 2 (4th Edition)
Level 3 (4th Edition)
Introductory (3rd Edition)
FacebookTwitter