新卒研修 導入事例

スカイワークスフィルターソリューションズジャパン株式会社様

実施背景

グローバルマインドセットを用いて、ビジネスの上で必要且つ効果的な関係構築のための英語コミュケーションスキルの基本を身につけてもらいたいとのことでした。配属部署の現場上長からは、USやシンガポールなど海外の方とのコミュニケーションを取る際の返信スピード感の重要性や、生じる認識の違いを学ぶとともに、効率的なミーティング運営のポイント、自分の意見を明確に相手に伝える方法を身につけて欲しいとご要望をいただきました。

実施目的

  • 国内・海外との関係構築の必要性を認識:
    別部署や海外チームと働く上で必要なコミュケーションスキルの認識と気付き
  • ミーティングスキルの基礎を学ぶ:
    業務を進める上で必要なビジネススキルを学習
  • グローバルビジネスにおけるコミュニケーションとチームビルディングを考える:
    最善な方法と次のアクションプランを考えることが出来ることを目指す:会議でアイディアを出す方法(ブレインストーミング)、自分の意見を明確に述べることの重要性を学ぶ

実施要領

対象者  :新卒者全員
英語レベル:初中級 TOEIC 500〜730(CEFR:A2〜B1)
研修形態 :オンライン参加型グループ研修(レクチャー+アウトプットが中心)
研修時間 :1日研修を3.5時間+4時間に分けて別日に開催(オンライン研修)

研修内容

  • 異文化が交わる職場環境で、文化を理解することの重要性について:
    実施例)時間に対する感覚の差や意思決定のプロセスの考え方など、多くの異文化が交わる環境でどのように戦略的にコミュニケーションすべきかを学習しました。
  • 誤解の回避と、効率性向上のために、明確で論理的な指示伝達方法:
  • 論理的且つ効果的に意見交換を行う方法と、効果的に会議に参加する方法:
  • ブレーンストーミングを効果的に実施する方法:
    実施例)ブレーンストーミングでのルールの項目を一から学習することで、ある課題に対してどのようにその他の方から意見が言える環境にすべきか、また自分の役割についても確認しロールプレイで実践しました。
  • 生産性向上と、迅速な意思決定のために、クリエイティブな問題解決法:
  • コミュニケーション能力を向上させながら研修を楽しみ、チームの結束を高める:
    実施例)ミーティングで発言する際に聞き手にロジカルに伝える方法を学習しました。こちらを元に、実践形式でのケーススタディを通して、個人とチームでディスカッションの演習をしました。

(マテリアル例)

受講者様からの声(原文抜粋)

「国によって文化が違うことから海外の人と働く際、国ごとに意識しておくことが違い、それぞれ何に注意しておけばいいか、どのように対応すればいいか学べた。」

「会議など人とやり取りをする際には、物事を簡潔に明確に伝えること、わからないことや確認したいことは誤解を生む前にしっかりと確認することを当たり前のことではあるが特にきちんと行いたい。」

「外資系企業に勤めているので、間違いなく、自分の今までの常識では理解できないような異文化を持つ方々と仕事をすることになるであろうことは想定できる。なので、そのような場面に直面した時に、自分の常識に囚われず、相手の文化、常識を理解することが、異文化の方々と仕事をするにおいてとても重要なことであることを理解し、仕事に生かしていきたいと思う。」

「USやSGとやり取りする際に生かしていきたいです。メールには丁寧なあいさつ文が必要か、意思決定を早めるべきか、スケジュールをどのように設定するべきかなどを今回扱ったCulture mapなどを参考に考えていきたいです。」

タレントマネジメント担当 藏田様からのコメント

スカイワークスフィルターソリューションズジャパン株式会社
日本法人 タレントマネジメント
藏田様

ピアソンジャパン株式会社を選んだ理由・研修効果について

「長年にわたるユニークな英語教育と先進性を備えた受講チャネルにより、コロナ禍においても充実したトレーニングを提供していただけると期待しておりました。顧客の納得のいくまで、打ち合わせに十分な時間を割いていただき、講師様および運営ご担当者様に感謝申し上げます。」

実施した所感と研修効果について

「受講者達は研修が全編英語・オンラインという形式に当初は戸惑いをみせていましたが、異文化を持った人々と働く上のコミュニケーションのポイントについて、興味を持ち今後をイメージしながら学ぶことができたようでした。自身の考えを英語で伝えることの難しさ・できない歯痒さを感じる経験は、英語学習へのモチベーションにもつながる機会になったと感じています。新卒社員にとってはチャレンジングな試みでしたが、外資系企業で働くという自覚を持つきっかけになる良い研修であったと思います。」

研修を受講いただいたクライアント様

担当講師

Annette Falk, MIB

FACILITATOR

グローバル企業のインストラクター、コンサルタント、コーチ、トレーナーとして、トレーニングプログラムの開発と導入を行ってきました。従業員の海外派遣への準備に加え、ビジネスおよび異文化コミュニケーションスキル、プレゼンテーションスキルの向上に重点を置いてきました。専門は、コミュニケーション、異文化間マネジメント、マーケティング、戦略立案、アイディエーションです。

FacebookTwitter